水戸 ひたちなかにある占い レイキは星乃光にすべてお任せ

2012/02:星乃光のブログ

1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2012-02-27 00:56:01 0 Comments

今日の内容は「クリスチャンの方は読むのご遠慮ください」です(笑)
読んだら怒りそうな内容ですから。

謎の多いイエスの出生の秘密。

ご存知イエスのお母さんは「マリア」ですが、お父さんは誰でしょう?

キリスト教ではマリアは「聖霊によって身ごもった」ということになっています。
しかし、それはないでしょう。

マリアはヨセフという男性と婚約をしていましたが、結婚を前にしてマリアはある時期に、「天使の導き」によってある聖職者のところを訪ねるようになっていきます。

そしてある期間、その聖職者のところで生活を共にした期間もあったようです。

そして、そこから帰りしばらくした時、マリアの妊娠がわかりました。
お腹の子(イエス)の父親はその聖職者です。

「不貞を犯したものは死刑」という時代、マリアはその葛藤を乗り越え「天の導き」を信じて行動したことが、イエスという特別な魂を迎える信仰の条件となったのです。

しかし、これでは婚約者ヨセフが納得するわけはありません。
天は信仰心もあったヨセフにも「マリアは聖霊によって身ごもった」という啓示を与えました。

これが一連のいきさつです。

しかし、マリアはお腹が大きくなるにつれて強い罪悪感に苛まれるようになっていきます。
当時は不貞を犯したものは「石で殴り殺してもよい」という時代でした。
ヨセフも時に暴力的になり、お腹を蹴ったりしたこともあったようです。

現実世界を生きる人間の悲しいサガなのかもしれないですね。
「直感」で感じ取ったことも「現実」の狭間で葛藤する。

イエスはどこで産まれたか、皆さんはご存じですか?
「馬小屋の飼い葉おけ」の中です。

でもなぜ救世主となる赤ちゃんが馬小屋で産まれたのですか?

それは母マリアの罪悪感ゆえです。

言い方は大変悪いけれども「私生児」を生むという罪悪感。
そこには過去「天使によって導かれ授かった子」という聖霊体験は忘れ去られていました。

残念ながらイエスはヨセフやマリアからは十分な愛を受けることはありませんでした。
さびしい子供時代を過ごしたのです。

イエスになぜ偉大な「癒しの力」があったのでしょうか?
それは人生が「苦難に満ちていた」からです。そしてそれを乗り越えた人物だからです。

キリスト教ではイエスは「神」に祭り上げられてしまいました。
でも本当のイエスの生き様は、もっと人間味にあふれた人生だったに違いないのです。

イエスが十字架により亡くなったのは33歳。
30歳まで大工をしており、伝道をした期間はわずか3年間です。

本来はユダヤ教などの重要人物がイエスを受け入れるべきでしたがそれは叶わず、イエスの弟子になったのは当時の社会であまりうだつのあがらない人々でした。

そして最後はその弟子の一人に銀貨数十枚で役人に売り渡され、十字架に掛けられました。

しかし最後まで神に従い、十字架に向かったその信念に、伝道期間は短くとも世界中の人々に影響を与えたのでした。


2012-02-26 00:35:49 0 Comments

先日は「ワリに合うか?」なんて不謹慎な話でしたが(汗)

確かにひどく身体をヤラレる時には「参ったな」と思ったりしますが、そんな時ふと「キリスト」のことを思い出す時があります。
(私は別に「クリスチャン」ではありませんが)

人間として模範的な利他愛を実践しながらも、一番大変な人生だった歴史上の人物はキリスト(ナザレのイエス)だったのでしょうね。

あるときキリストは嘆きのような言葉を言っています。

「動物たちには帰る巣があるのに、私には枕するところもない」

キリストは世俗的には豊かではありませんでした。

また、いよいよ十字架に掛けられるという直前、ゲッセマネの園での言葉。

「エリ エリ ラマ サバクタニ」
(神様、なぜ私をお見捨てになったのですか?)

イエスでさえ、葛藤と闘いながら生きていた痕跡が新約聖書の中の一部にはあります。

説が正しいなら、イエスは30歳まで大工をしていましたから、その手は荒れていたのかも知れませんが、その手は愛にあふれ多くの按手(ハンド・ヒーリング)により癒しを起こしました。

おそらくは史上初のレイキ・マスターでもあったのだと思います。

イエスという人物はやはり偉大だったと思います。
また、模範とすべき生きる姿勢なのだと思います。


2012-02-24 00:00:43 0 Comments

昨日のブログをみたお客さんが、「なんだか先生の仕事はワリに合わないんじゃないの?」と言っていた。

まぁ、数日間大変な思いして、たまにはそういうこともありますがな。

ね。でも「お客さん、実はこういうわけだから今日のトコは10万頂きます」ってワケにもいかないでしょ(笑)
「ぼったくりバー」じゃないんだから。

目に見えない世界の話しですから、そう片付かないんですよ。

時間単価にすると鑑定料は高いですからね。確かにそこに至るまでの労力もあるのですが、値段以上の価値を来て下さった方に感じて頂けるよう、私としては努力するのみです。

頂く金額を皆さんがどれだけの労力で働いて得るのか?と思えばね。

そこそこ自分のエネルギーが上がるとね、帳消しの様な出来事が起きるようになる。
だから、真摯にやらないとね。

労力に対して、頂くものが少ない場合は、いずれ何かの形で補てんされる。
労力に対して、多く頂いた場合は損失する。特に「故意に奪った」場合は3倍で。

基準は、神の公平な目から見ての話し。経験上、こんな感じがしています。
必ずしも現金で清算されるワケではないけど(笑)

例えば、以前、買ったクルマを6か月で売ったことがある。
別に事故したとか、霊が憑いていたというワケではないんだけど。

6か月で1万5千キロ乗りました。

下取りの値段、ほぼ買った値段でした(笑)

普通、ありえないよね。
いまだに何がどうなってそうなったのかよく分かんないんだけど(笑)

こんな感じで清算されることがある。

ふと、大天使ミカエルに聞いてみた。
「現金精算でもええよ」と。(笑)

ミカエル:「あんた、延長料金取らんし、そうかと言って予約でお客さん詰め込んだら具合悪くなるやろ?」(笑)

確かにね(笑)

たまにはクジでも買ってみますか(笑)


2012-02-23 00:32:06 0 Comments

やはり朝方頭痛で目が覚める。

考えられることをチェックしてゆくと、結局来る予定になっているお客様のそばにいる地縛霊の影響が来ているようでした。

やれやれ。
でも、こういうことはたまにある。

さて、この頭痛とつきあうのもシンドイし、先にこの地縛霊を引き受けて送ったほうがいいだろか?
でもなー、それもきついんだよなー。

と、おもってたら。

勝手に憑依してきた(笑)

体がしびれて。

やっぱこれタダものではないな。
さいわい、両腕のほうに移動してきたから、愛の思いを向けてヒーリングをする。

いままで苦しかったね。と。

ただショックを与えて除霊してもこの霊は癒されない。
どこか他で憑依を繰り返すだけ。

みな「癒し」を必要としているんだね。

ヒーリングをしながら、あなたはもう神の世界に向かってよいこと、自分の思いが原因でこの地上に留まっておりもう自分を許してもよいこと、神はあなたを責めていないことを説得して、ほどなく下の方に抜けていきました。

霊の多くは上か、横に抜けていくけど、下か…

ヒーラーの世界にいて、自然な流れではあったけど深い世界も担当するようになって、このようなことはいつでも身に起こりうる。

自分の意志で選んだ道なのだから、だれが悪いわけでもない。

昔は「霊」には関わるまいと思っていた(笑)
20代のころ、宗教にいた時に「キリスト」やら「マリア」を語る偽物の低級霊に騙されて、神がかり的になって脱会していった仲間をたくさんみていたから。

その後、金銭や性的問題で警察に逮捕されたのもいた。

昔は霊的なことは避けていたけど、セッションを深いレベルで担当するようになると、霊や念や土地などの問題も避けて通れる問題ではなかった。

だからしっかりと天につながっていないとね。


2012-02-21 23:39:12 0 Comments

昨晩は頭痛で度々目が覚めて。

基本、薬を飲まない(体に合わない)ので、痛みとずっと付き合うようになる。

自己ヒーリングしながらいつの間にか寝てしまうことを繰り返し。
今朝は寝坊した(笑)

地震雲出てたし磁場の狂い、明日が新月だから新月の関係で、お客様のご先祖がいらしたり…ということもある。

原因はいろいろだね。

昼間、高速乗って皇祖皇太神宮にお参りし。
今はすっきりしています。

今日は早めに寝ることにしましょう


2012-02-20 23:51:06 0 Comments

久しぶりにクルマを洗うことができて良かった。

とは言っても洗車機にかけられたって話しだけど。
普段は大雑把に手洗いしてあげるのだけど、こう寒いとちょっとムリ。
時間もなかったし。

車体色は汚れは目立たない色だけど、雪が降ったりで大分汚れていた。

このところタイミングが合わなくて洗車機すらかけられなかった。
混んでいたり、時間がなかったり、水道管が凍って洗車機が使えなかったりで。

この冬は高速のインター直近のスタンドで洗車機かけて拭き上げはせず、そのまま高速へ。
一区間走ると綺麗に乾いてます(笑)

横着してますが。

明日はエンジンや補機類の点検を少ししてあげましょ。
毎日60キロの距離、よく走ってくれてます。


2012-02-19 00:11:46 0 Comments

この間のブログに「少しずつ春の兆しを感じる」なんて書いたら、水戸でも、日立でも雪は降るは一気に寒くなったね(笑)

私は実家住まいだけど、なぜか寝ているのは母屋ではなく離れ(笑)
これがまた寒いんだな。

下がコンクリートの物置で、そのうえに木造でできているものだから。
合法な建築なのか知らないけど(笑)

部屋の温度計は今時期は外気温と変わらないね(汗)
祈りをしていると、吐く息が白くなってるし(笑)

ここは比叡山延暦寺かい?(笑)

ラジオの占い番組を担当していた時は、ノドをつぶしたら困るから濡らしたマスクして寝てましたよ。
なかなか息苦しくてね。「大丈夫か?明日目が覚めなかったりして」と思ったり(笑)

そんな中でも唯一の強い味方は「医療寝具」
10年以上、夜はこれで寝つづけている。

見た目は普通の布団ぽいけど電源コードとコントローラがあり。
陰電位の電圧と、遠赤外線の切り替えが効いて、寝ているときは快適。
「健康器具」ではなく、「医療用具承認番号」がついている「治療器」。

私は左足首の外側の靭帯が二本とも切れているのだけど、これを縁あって使うようになってから整体にかかる頻度がかなーり少なくなったね。
片足に故障があると、普通は腰を痛めるからね。

機械の良いところはスイッチオンで24時間365日同じ仕事をしてくれることかな。
人がするトリートメントに繊細さはかなわないけど。

たまに2階担当の先生方にトリートメントやヒーリングをお願いしますが、彩弥加先生、まりさん、愛子先生みなさん素晴らしいですよ。


1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2012 年 02月 »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 1 2 3

カテゴリ


アーカイブ



△ページトップへ

水戸の占いは星乃光:トップへ