水戸 ひたちなかにある占い レイキは星乃光にすべてお任せ

2012/07:星乃光のブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2012-07-30 23:53:29 0 Comments

赦し(ゆるし)というのは、なかなか難しいテーマかもしれない。

相談に見える方でも、この種の内容は少なからずある。

その人それぞれ、感受性が違うから、事の大小で判断できることでもないと思う。

だからむやみに「忘れた方が良いよ」と言えないことでもある。

赦せないこと、誰だって多少は人生の中にあるよね。

昔の話し。

私の愛する人が、第三者の関わりの中で死んでしまったことがある。

そして、葬儀の7日後、私は数十名が集まる会議の司会をしなければならなかった。

上司からの指示は「笑わせて盛り上げろ」と。

上司は私の事情を知ってはいたが。

私は「プロフェッショナル」とは、

「どんな状況でも、同じ結果を出せる人」と思っている。

だから、3時間の会議の司会をやり遂げた。


神霊の力は偉大だと思う。

疲れた心に癒しを求め、救いの働きかけに自分が心を開くなら、

時間はかかっても、氷のような体験をも溶かしてくれる。

時間はかかったが、私は赦しについての気づきを得た。

赦しとは、

「相手が得をすることではなく、自分自身が自由を得ることである」と。


憎しみ的なエネルギーは「霊的な放射線」だと思う。

放射線は細胞を傷つけるが、「霊的放射線」は「魂」を傷つける。

手放す必要があるものは、できるだけ早く癒し、有意義な人生が送れたら良いよね。


2012-07-28 00:17:45 0 Comments

久しぶりに千葉の男友達から電話があり。

内容は「ピラミッド」の話し(笑)

彼とは20年来のつきあいになるが、彼はスピリチュアルとは無縁だった。
昔はオートバイのレーサーを目指していた。

いつの間にスピリチュアル道に入ったのか?(笑)

「霊界の事が知りたい」とか言うから「シルバーバーチの霊訓」を紹介した。

年齢は彼の方が少し上。
お互い特異な半生を生きてきて、色んな思い出があるのだけど、一部だけ書いてみたいと思った。

彼は千葉県に住んでいて、クルマの輸出の仕事をしている。
いや、正確に言うなら、廃車を海外に輸出する外人に、廃車を売る仕事をしている。

というべきでしょう。

私は20代の頃は販売店でクルマなんか買えなかったから、彼のところに遊びに行ったついでに、外人さんたちのヤード(廃車置場)を連れまわしてもらって廃車の中で使えそうなクルマを物色したものでした。

だいたいそういうヤードは外人さんたちは同じ国の人が固まって住んでいます。

中国人は中国人が固まって住み、そこに中国人のヤードがある。

マレーシア人はマレーシア人が固まって住み、そこにヤードがある。

ドバイ人はドバイ人が固まり… という具合。

国によって欲しがるクルマも違うんだよね。
何でもってワケにはいかないけど,結構色んなクルマがあって面白かったな。
クルマの販売店見るより楽しかった。

ランクルやパジェロ、ハイエース、カローラ、メルセデス、その他もろもろ。。。

書類(抹消登録証明書)が残っていれば、車検を通せばもう一度ナンバーが取れる。
廃車だから程度が怪しいのが多いけど、イイ感じのクルマは交渉して譲ってもらって車検取って乗ったりしてた。

ただ、良いモノに当たるかはバクチなんだよね(汗)
試乗なんかできないから、そのクルマのオーラで決める(笑)

トラックで積んできてエンジンかけてみたら、マフラーが抜けていて爆音!&バックギアに入んないとか(笑)

そういうのを、だましだまし修理して、車検を通していた。
私はそんなこんなで、自分で車検取れるくらいになっていた(笑)

そんな彼のエピソードの一つ。

々賃聖劼気泙亮嵶鵑鮖澆瓩拭!

私は20代後半の頃はジープに乗っていたんだけれど、軽自動車をセカンドカーとして彼から都合してもらった。
廃車の中でいい軽自動車があったのだ。

何年かして私が川崎から東京に引っ越すことになり、軽自動車の方は使わなくなるので、彼に聞いたら自分が欲しいという。

だから千葉県から電車に乗ってやってきた。
ただ、そのときその軽自動車は電気系統の故障があって、見た感じ「とても千葉まで自走では無理だ」と彼に言っておいた。

でも、何を思ったか彼は電車でやってきた。
「バッテリーがダウンしたら、スタンドで充電しながら走れば何とかなる」そう言って。

引越しのときだからゴミがいっぱいあって、彼は「外人に売れるから」と言って後部座席いっぱいに廃家電を積み込んで出発。

しかし、それが後で事態をややこしくするとは…。

私は仕事に出かけた。私は当時は渋谷の映画製作会社に勤めていた。

余談だけど、あの会社はきつかったな。
一年いたけど、給料が4回しか出なかった(笑)

だから、生きるためにビルの掃除とか、色んなことしていたよ。
半年間は会社で寝泊まりして、寝袋生活だった(汗)

本題に戻ろう。

すると夕方携帯が鳴った。
彼からである。

私「どうした?」
彼「クルマが止まった!」

いわんこっちゃないと思った(笑)

場所を聞くと私の会社のすぐそばじゃないか。
さっそく現場に行った。

彼「しばらくエンジン止めてたら、またかかるようになったよ。自走大丈夫かも」

そうではない。バッテリーの特性で少し電力が戻っただけ。
これで走ればすぐまたエンコする。

でも彼はどうにも自走したいらしい(笑)
近くのスタンドまで行き、バッテリーを充電して行くという。
だから、もう止めなかった(笑)

あとでわかったのだけど、彼は青山界隈の、珍しい熱帯魚を置いている店に行きたかったらしい。

私は夜は調布市で別のミーティングが入っていた。
するとミーティング中、22時過ぎだったろうか。
携帯が鳴った。彼からである。

彼「すいません。やっぱクルマが止まっちゃって。もうどうにも動かないんです」

何かさっきと違って緊迫した感じである。

私「やっぱなぁ。んで今どこなの?」

彼「あの、祝田橋の交差点なんですけど」

私「祝田橋って皇居の??」

彼「そ、そうなんですけど、今、皇太子さまの車列が来てて」(笑)

公務からお帰りの皇太子さまの車列をまともに妨害したらしい(汗)

あとで聞いたのだけど、警官にクルマを二重に囲まれたらしい。

そして後部座席には、廃家電の山!

怪しいことこの上ない(笑)

さらに、名義変更手続きのため、車検証をのせていなかった。

こういう事態を「不幸中の災い」(ふこうちゅうのわざわい=最悪なこと)という(笑)

クルマは警官隊に押されて移動されたものの、クルマからは一歩も出るなと厳しく監視されたらしい。

これは何月の出来事か忘れたんだけど、冬だったのは間違いない。

だから彼は私が到着するまでの数時間、暖かい飲み物も買えず(エンジンがかからない=暖房も効かない)クルマの中で凍えていた。

(まあ、外に出れても皇居の周りじゃ自販機もないけどね)

私が家に帰り、ジープで皇居に着いたのは夜中の2時頃(苦笑)
ロープで牽引の準備をしているとさっそく警官が登場(笑)

私らを気の毒そうに見ていたのが印象的だったな。

ロープで牽引する場合高速は乗れないから、一般道を千葉まで牽引し、私が家に帰りついたのは朝の7時頃でした(笑)



2012-07-24 23:44:37 2 Comments

日本にとって、霊的に重要なポイントは何か所かある。

そのうちの一つはやはり皇居だろう。

このブログをご覧になっている方々は、茨城県の方が多いかも知れないけど。

皇居の鬼門の方角は、水戸、土浦、日立となるのはご存じだろうか?
日、水、土の要素が、東京に向かって流れて行くのかも知れない。

地図で見ると、多少角度がずれているようにも見えるけど、地図上の北は真北ではない。

風水をやる人はわかっているだろうけど、実際の真北は地図上の北から西に6度ほどずれている。
地球が丸いから誤差が出るのだ。

だから、特にこの地域は浄化、お浄めが必要なのかも知れないね。

特に水戸は「みなと」とも読めるが、「みなと」は霊界の入り口を意味する言葉とも言われる(汗)
確かにどんよりした街ではある。

いろいろな話はつきない(汗)

山手線の路線が円になっているのはご存じでしょう?。

実はあれは平将門の魂を封印するために、鉄(線路)で円を描くように配置された…とか(汗)

東京上空からみて、将門を祀った神社は、都内で北斗七星の形に配置されている。
妙見菩薩(北斗七星)を信仰していたのが理由らしいが。

そして、その巨大な北斗七星を分断するように、丸く山手線の路線が配置されている。

そして、富士山、高尾山の霊脈を引き込むように、中央線が走っている。
中央線は、山手線の内側では、なぜか太極のマークを描くようにカーブしている。

山手線…。結界なのかわからないが、山手線の路線が完成する直前に、関東大震災が起きた。
やっぱり何かあるのかしら??(汗)

ところで、現代。
東京スカイツリーって何だ??
あれって、必要なのか??
何か便利になった??

皇居からみてやはり鬼門の方角。
「武蔵の国」(東京と一部の首都圏)を象徴する高さ634m。

五重塔に使われる「心柱」という構造も活用されて設計されたスカイツリー。
まるで鬼門封じじゃないか(汗)

そして、スカイツリー完成間近にして、あの震災があった(汗)

偶然の一致なのか??

と、今日は「都市伝説」風な内容でしたが…

結論!

わかりません(笑)

というか、考えてもどうにかなるものではないし…
今日やるべきことを一生懸命やることが大切でしょう。

と、なげやり的な内容になりましたが…。

「シルバーバーチの霊訓」で、シルバーバーチ霊も言っています。

「どうでもよいことに関心を向けていてはいけません」と。

シルバーバーチの霊訓


2012-07-22 23:36:33 0 Comments

7月の中旬から、8月のお盆過ぎまでの時期ってのは、どうも空気感が重たい感じがするのは私だけかしらね?

「お盆」という文化、その集合意識によって霊界が近くなるのかな…

ご先祖を敬う気持ちは大切だとは思うのですが。
別の存在まで呼ばれてくるような…

昨年のお盆はきつかった。
震災で多くの方が亡くなった年でもあるし。

去年8月は、あまりにしんどかったから、皇祖皇太神宮の官長さんにお願いして、神刀祓いを受けた。



今年はまだ良いのかな?

祝詞をあげているけど、やはり心なしか通じにくい気がする。
やっぱりこの時期はお経だろうか?

般若心経を唱えるとしますか。
日本語?インドのサンスクリット語?どっちが効くんだろうね?

キリストや、シルディサイババのマントラ、占星術のムリチュンジャヤマントラとかいろいろ試してみよう。

効果が良さそうなのはお知らせしますね


2012-07-21 22:35:36 0 Comments

うちのわんこですが。



ゴールデンレトリバー 男の子

年齢:15歳8ヶ月(汗)

資格:レイキファーストディグリー修了済

得意技:レイキ入りイヌパンチ(笑)

大型犬で15歳以上は長生きだねぇ。
今朝はお散歩2Kmくらいつきあいましたが(汗)

健康の秘訣は、ヒーリングと医者嫌いかな??

明日はお散歩もうちょっと短くしようね(笑)


2012-07-20 23:44:03 0 Comments

7月15日から、占星術的に「水星の逆行期」に入りました。

およそ3週間、8月7日まで続きますな。

「逆行」は少し難しい説明になるので省きますが、「星の影響が不安定になる」と思っていただければ良いでしょうね。

「水星」という星は「理性、知性、コミュニケーション、移動」に関係しますので、そのテーマについてハプニングがおきやすくなります。

始まりと、終わりの時期が最も影響が大きいと言われますが。

この期間は、あまり思いつめた考え事はしないほうが良いかも。
ワケがわからなくなりやすいです。

他にも、事務的なこと、連絡事項など、大切な案件は間違いがないか再度確認した方がよいですね。

ハプニングというと悪いばかりか?と思うでしょうが、良い面もあります。

知識の復習をする、修理をする、しばらく会っていない知人に会う、などには向いています。

インド占星術的には、カルカの星座で起きる逆行なので、7月中旬〜8月中旬の生まれの方は、個人差あるのだけど、影響が出やすい人もいるかも。

注意する部分と、メリットの部分、生かして、充実した毎日送ってくださいね


2012-07-18 23:43:30 0 Comments

以前、知り合いの先生が「神様の声が聴けるようになりたいなぁ」と言ってました。

「そうだねぇ」と言っておきましたが。

でも、それはある意味厳しいことです。
赦しがない世界です。

神様に成りすましてお告げを降ろす輩もいますが。
間違いない、本物の神様、神の使いからメッセージが来ていると仮定しましょう。

神様の声。本物なら内容に間違いはありません。

でももし、自分がそれに従えなかった時、自分は確実に負のカルマを積むことになります。

本物の神様の声なら間違いなく従えるでしょ??
と思うかも知れないけど。

神様が、自分にとって都合の良いことばかり言ってくれれば良いけれど。
必ずしもそうとは限らないのですよ(汗)

例えば、軽めの例ですがー。

自分はセラピストをやっているとします。

今日は、大切な人との約束がある! 
当然、出かける時間も決まっています。

でも、出かける直前に、約束なしでセッションを希望する人がいらした。

本当に「いま」この人に癒しが必要なことを感じる…。

さぁ、どうします?

神霊に通じているなら、自分が取るべき行動は明らかです。

神様は「私」の幸せも願っています。

しかし、目の前の、オーラが枯渇して、いま救いを求めているクライアントさん。
こちらがもっと心配なのです。

神様は決して強制はしません。

また、こういう時、自分の都合を優先すると、そのあと良心の呵責にずっと苛まれることもわかる。

神様の声が聞こえるなら、こういう時、お姉さん、お兄さんにならなきゃいけないんですね。

結果、クライアントさんを優先します。

結局、約束の人とはケンカとなり(汗)
縁が薄い人なら、そのまま会うこともなくなるかも。

それはそこまでの縁なのかもしれないけど。

歴史上、聖人と言われるような人が、家族や身近な人たちと仲が悪かったりする理由は、この辺にあるように思います。

神様の声が聞こえるようになったら、責任が重くなることも増えるのですね。

だから「神様の声が聞こえない」というのも、神様の愛であり、思いやりなのかも知れませんよ。


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2012 年 07月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

カテゴリ


アーカイブ



△ページトップへ

水戸の占いは星乃光:トップへ