水戸 ひたちなかにある占い レイキは星乃光にすべてお任せ

2012/09:星乃光のブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2012-09-30 23:43:05 0 Comments

皆さんは、どんな一か月でしたかー?

私はまだ8月よりは楽だったかなぁ?

お客様から「ブログ見てますよ〜 体調大丈夫ですか?」と聞かれることが度々(汗)
なんか、調子悪い話ばかり書いてたりしてね(笑)

9月は、遠方からいらっしゃる方も多かったな。
新幹線乗って、常磐線で…という感じで。
遠路、ありがとうございました!!

明日は、恒例のというワケではありませんが。
午前中は、北茨城の皇祖皇太神宮の月次祭に行きます。
すっきりスタートのお一日にしたいですね(^^)

10月の方針として、外に出かける機会を増やしました。

「隠れ家的サロン」に「隠れて」いてもつまらないので(笑)

(隠れ家的ってこともないかな?)

ひたちなかの「ライブラリーカフェ然々」さんで、12日、24日は鑑定させて頂きます。

後は、鹿島のほうの企業で、内部向けの講義など。
誰もが知っているような名前の企業ですけど、一日ドスピな講義をしてまいります(笑)

なんだかんだ言っても、そこは一年おきで三回目くらいになります。
「スピリチュアル」も市民権を得たものです。

普段、色んな占術を見たり、研究しています。
ここしばらくは、宿曜占星術かな。

宿曜は、もとはその昔、空海というお坊さんが日本にもたらしたと伝えられていますが。
宿曜のもとになったものは、インド占星術のナクシャトラという27星座なのです。

でも、なぜか、空海の宿曜はズレている!
だから、宿曜で算出した自分の星座と、インド占星術で算出した星座が違う(汗)

例えば、私は宿曜では「亢宿」ですけど、インド占星術的に計算して宿曜に当てはめると「張宿」になる。
どっちが当たっているかと言えば、やはりインド占星術ベースの方がいい感じ。

バイオリズム的なことも出せるから、面白いね。
例えば、誰でも一か月のうちに、一度通過する「極魔の26時間」とか(笑)

体験して、確認してみる。
うん。確かに。

「極魔」の時は、大きな浄化が起きて、体調が大変だったりすることも多い。

まぁ、浄化自体は悪い事ではないけど。
普通の占いでは、仕事や健康、家庭など「現実面が良い」ことを「吉」としますからね。

↑これ結構意味深です。

普通は、仕事や恋愛で結果が出る、出世する、成果が上がる!
これを「吉」としますね。

でも、インド占星術では、「スピリチュアル占星術」という裏カテゴリーがあって、これは「魂の成長」という観点から物事を見るのだけど、このカテゴリーでは「吉凶」が逆になるんです(汗)

だから、出世するとか、お金持ちになるとか、スピリチュアル占星術のカテゴリーでは「凶」となります。

「魂の成長にとって、マイナスになりやすい」ということですかね…

まあね。順風満帆なら、あまりスピリチュアルな問題意識は持たないでしょうね。
「死への不安」はあるでしょうけど。

皆さんも、よい一か月のスタートが切れますように!(^^)


2012-09-29 00:00:18 0 Comments

なんか、特にタイトルはなくて(笑)
適当なタイトルつけましたが。

サロンではご存知かと思いますが、お香をよく焚いています。
お客様から「郵便局のところから既に香りがしましたよ」と言われたり(汗)

そのお香が、時にはよく消える日があります(汗)

お香って、邪気や霊障が絡む相談の日は、よく消えたりしますね。



こんな感じ。
途中から、ぷっつりと消えます(汗)

なので、セージ(ドライハーブ)をお浄めに焚きます。



すごい勢いで燃えますな(笑)

普通は、葉っぱを4,5枚、奥ゆかしくゆっくりと焚くのでしょうけど。
うちの場合は束のやつで。

火災報知機が鳴る直前までやります(笑)

きっと、近所迷惑になっていると思います。
ごめんなさい。



やりすぎですね(汗)

9月ももう終わりですね〜。
少し、フェイスブックの内容も、充実させたいところです。

良い月末&月初めとしたいものですね(^^)



サロンの3階の歓喜天で〜す。
横のちっこいのは、ガネーシャ神。

歓喜天の由来はガネーシャ神かららしいけど、どうもその由来がわからないな。


2012-09-22 23:55:20 2 Comments

早いもので「癒しの祭典in大洗」からあっというまに数日が過ぎました。

ジャンルやキャリアは違えど、目指すところが似ているセラピストさんが一堂に会して、大変有意義なイベントでした。

私は10年以上…。それなりにこの世界の仕事が長くなったけど、最近デビューしました!って方からも、学ぶことも多くあります。

出展者さんともっと話ができたら良かったかな?と今になって思いますが(汗)
でも、まいわいさんにも売上還元したかったですしね。
(だって、立派なガイドブックとか作って下さったし)

あとは、何をみて下さったのか、セッションを希望して下さる方もいらしたので。
なかなか時間がなかった。

ところで、見ていると、やっぱりセラピストさんの中には、「霊媒体質」的な方が何名かいらっしゃるように見えた。

見ていると、顔色というか、生命力が真っ青になって行くのがわかる(汗)
「気にびんかん」、デリケートなタイプですね。

性格が同情的で優しいとか、自・他者の境界があまりないとか、オーラの外側の層がやわらかいとか。
そういうタイプの人でしょうね。

繊細な感性をもっている人は、やはり繊細な領域のセッションを担当できると思いますが。
しかし、この「気に敏感」という部分で心が折れそうになることってありますよね。

私自身もだいぶ苦労したから。
誰も教えてくれる人がいなかったから、いろんなこと試した。
自分が生きるためでもあった(笑)

邪気を受けてシンドかった時。

「霊障に効果がある!!」という御札をお湯で溶いて飲んでみた(笑)

結果、吐いた(笑)

だめだこりゃ(ドリフ調で!)

そんなことの繰り返しだった。

霊的な免疫システムが強い人はまだしも、繊細な感性をもっていて、それがゆえに「気」に酔いやすく、「自分のセッションに自信が持てない」とか、「イマイチ怖くて踏み込めない」としたらもったいない。

だから、今日は大天使ミカエルさんからのギフト。
「サイキック・プロテクション・フレイム」をUPしておきますね。

セラピストさん以外の方にも、役に立つと思うよ。

簡単に自己アチューメントで使えるから、興味あるかたはお試しくださいね。
そう。「信じて、ゆだねて」使う感じでね。

本文中には書いてないけど、アチューメントの祈りをしてから、30〜40分程度でアチューメントは終了するようです。

その間、静かに、瞑想的に過ごせれば良いけど、そうできなくてもアチューメントがされないワケではありません。

(以下引用です。大変長くなります。あしからずm(_ _)m

(サイキック・プレテクション・フレイムについて)

 大天使ミカエルが、サイキックアタックからの防衛手段として、このエネルギーを提供してくれました。特に現在の私たちは、外からのエネルギーの爆撃を休みなく受けているような状態なので、この防衛手段はとても重要です。サイキックアタックは思った以上に頻繁に起きています。

絶え間なく起こっているといってもいいでしょう。
 わたしたちは生まれつきサイキックアタックに対する防御方法を身につけています。それはスピリチュアルな免疫系とでも言えるもので、一般的なサイキックアタックから身を守るすべを提供してくれています。

 しかし、時には、強烈なサイキックアタックや、心の傷、病気、その他、エネルギーシステムへのネガティブな衝撃を受けることで、スピリチュアルな免疫系が傷つくことがあります。その場合、その人は普段よりもサイキックアタックの影響を受けやすくなります。

 また、時には、スピリチュアルな免疫系が丈夫な人でも、サイキックアタックが特に邪悪であったり、執拗であったり、大人数で実行されたようなときには、その餌食になることもあります。

 ヒーラーやライトワーカーたちは、特にサイキック・アタックに晒されやすくなります。というのも、ライトワーカーはダークなエネルギーのターゲットになることが多いからです。さらに、ヒーリングを必要とする患者は、たいてい過剰なまでのネガティブ・エネルギーに包まれています。それゆえ、ヒーリングに携わる人なら誰でも、定期的に身を守ることがとても大切になります。

 サイキックプロテクションが不可欠な理由も、そこにあります。
 サイキック・プロテクション・フレイムは、サイキックアタックから個々人を守るだけではなく、それが発動するたびにその人のスピリチュアルな免疫系を修復する機能も持っています。それによって、サイキック・プロテクション・フレイムは、その時点でのサイキックアタックを即座に取り去るだけでなく、スピリチュアルな免疫系を強化することで、長期的な防御をも提供してくれます。

サイキックアタックについて
 
サイキックアタックとは、スピリチュアルなレベルにおいて、サイキックなエネルギーを使い、他人を害しようとする行為です。サイキックアタックには、3つの基本的な種類があります。

サイキック・アサルト(直接攻撃)とは、ある人が、ネガティブな目的をもって積極的かつ意図的に、他人のエネルギーフィールドを攻撃する行為です。サイキック・アサルトの例としては、他人に憎悪の念を送る行為、他人の失敗を積極的に思い描いたり望む行為、他人にネガティブな呪文をかける行為などがあります。

サイキック・ヴァンピリズム(吸血行為)とは、他人のエネルギーフィールドを干からびさせる行為です。サイキック・ヴァンピリズムには、意識的にネガティブな意図で積極的に行われるものもあれば、ネガティブな意図なしに無意識に行われるものもあります。

無意識のサイキック・ヴァンピリズムはけして珍しいものではありません。これは、困窮した人が、溺れたときに救命具に手を伸ばすように他人のエネルギーシステムに手を伸ばしたときに生じるものです。

サイキック・コンタミネーション(汚染行為)は、保護されていないエネルギーシステムがネガティブなエネルギーに晒されたときに発生します。他人に対してネガティブな意図を持っていない人であっても、大量のネガティブなエネルギーを身にまとっているような場合は、エネルギーシステムを汚染することがあります。

もしあなたが、特定の他人もしくは集団の近くでいつもイライラしてしまうのを感じたり、その人たちと一緒だとこれといった理由もないのに怒りっぽくなったり不安を感じたりするときは、おそらく彼らがネガティブなエネルギーを持っていて、それがあなたのエネルギーシステムを侵食している可能性があります。

 他人のエネルギーを侵食してしまう人やネガティブな考えを持った人の近くにいるとき、エネルギー的に自衛手段を講じるのは一般的によい考えではあるのですが、そういう人たちとの交際を制限するよう努めることも必要ではあります。家族を選ぶことはできませんが、友人や仕事や恋人等を選ぶことは可能です。あなたを明るい気持ちにさせてくれる人と付き合うようにして、気分を害することを積極的に画策するような人とは付き合わないようにしましょう。

 サイキックアタックは深刻な影響を及ぼすものであり、放置した場合は、次のような結果を伴います。

抑うつ状態
不安
病気
運命の暗転
思わぬ事故
失業
金銭的な問題の発生

 病気の場合、サイキックアタックは被害者のエネルギーシステムをエネルギー汚染に対して無防備な状態にすることがあります。この汚染がひどくなると、慢性疲労症候群や線維筋痛症、多発性硬化症といった慢性の病気を引き起こすこともあります。(すべての病気が外部からのサイキックアタックで起こるわけではありません。とはいえ、癌はその人が自分自身をサイキックアタックした結果であることがよくあります。)

使用方法
 アチューンメントが終わったら、サイキック・プロテクション・フレイムを呼び出して、あなたの周囲に防御と癒しの効果がある虹色のエネルギーのシールドを張ることができます。

下記は、サイキック・プロテクション・フレイムを呼び出す方法です。

聖ミカエル、私をサイキック・プロテクション・フレイムで包んでください。

St. Michael, please surround me with the Psychic Protection Flame.
(この祈りの文言は多少変更してもかまいませんが、そのときは、必ず「聖ミカエル」と「サイキック・プロテクション・フレイム」という言葉が含まれるようにしてください。)

愛する人、財産、プロジェクト、特定の場をプロテクトしたいときは、

聖ミカエル、私の愛する人(私の家、私の仕事、私のプロジェクト等)をサイキック・プロテクション・フレイムで包んでください。

St. Michael, please surround my loved one (my home, my job, my project, etc.) with the Psychic Protection Flame.

 サイキック・プロテクション・フレイムは、あなたやあなたがそれで包んだものを守るだけでなく、あなた自身がサイキックアタックを外部に飛ばすことも防いでくれます。(あなたのネガティブな意図が消えてしまわない場合でも、それがサイキック・プロテクション・フレイムの外側に出て行かなくなります。)

 毎日、朝起きたときと夜眠るときに、サイキック・プロテクション・フレイムを呼び出すようにしましょう。

 ネガティブな人と一緒にいなければならない状況に陥ったときも、毎回、サイキック・プロテクション・フレームを呼び出すようにしましょう。(とても「いい人」に見えたとしても、その人が外見通りとは限らないことがあるので、注意しましょう。)あなたの直感を信頼してください。サイキック・プロテクション・フレイムがあなたに害を及ぼすことは一切ないので、好きなだけ使用していただいて結構です。

 あなたのスピリチュアルな免疫系が強くなるにつれて、毎回律儀にサイキック・プロテクション・フレイムを呼び出す必然性は減ってくるでしょう。とはいえ、いつでもそれを使うのを習慣にしておくのは、よいことです。強いスピリチュアルな免疫系を持つ人でも、大量の悪いエネルギーを一気に投げかけられると、危険な状態になることがあります。

そういう状態に陥った場合は、即座にサイキック・プロテクション・フレイムを呼び出し、一日中呼び出しを続けてください。そして、危機が過ぎ去ってから、普段どおりのきちんとしたスケジュールに戻るようにしてください。

アチューンメント

 大天使ミカエルを呼び出すことで、いつでも、何度でも、自分または他人に対してアチューンメントを行うことができます。

聖ミカエル、私にサイキック・プロテクション・フレイムに対するアチューンメントをお願いします。

St. Michael, please attune me to the Psychic Protection Flame.
 このアチューンメントにさらにエネルギーを追加したいときは、アチューンメントの対象者が虹色の炎に包まれているイメージを思い浮かべて、そのイメージを送るようにしてください。予め知っている他のアチューンメントも一緒に使うことができますが、その時、その実行過程で「聖ミカエル」を必ず呼び出してください。

 このアチューンメントに失効期限はありませんし、再アチューンメントに関する制限もありません。
 このエネルギーは他の人と無料で共有することができます。また、レイキを実施する一環としてアチューンメントを提供する場合は、その人に適したアチューンメントを選別して提供する対価として課金しても構いません。

Copyright 2006 Element Energy Center – www.elementenergy.com

このPDFは、改変を一切加えない状態で、必要に応じて、自由に配布してかまいません。

著作権表示
この文書は、著作権により保護されています。
この文書は、一切の改変を加えない場合においてのみ、自由に他人と共有することができ
ます。
如何なる理由であれ、この文書の全部または一部を、著作権者の許可なく二次的に出版、
頒布、使用することを禁止します。
あなたに対価を支払ってアチューンメントを受ける者に対して、このマニュアルを配布す
ることが出来ますが、対価を取ってこのマニュアルだけを販売することは禁じられていま
す。
このエネルギーの使いかたを他人に教えるために、完全に自分自身の言葉だけをつかって
ご自分の文書を作成することは可能です。

Copyright 2006 Element Energy Center – www.elementenergy.com


2012-09-21 00:28:19 0 Comments

よく「レイキ伝授」についてのご質問をいただきます。

内容は様々ですな。

「料金や期間」といった普通の質問から、

「やったら早死にしませんか?」的なことまで(汗)

まぁ、わからないから聞いてるワケですから、良いとか悪いとかではありませんが。

確かにね。
ネットでみれば「一日でレイキティーチャーになれます」的なものとか、
料金も期間もバラバラで判断に困るでしょうね。

気功には主に二種類あります。
皆さんがイメージする気功は「内気功」
これは、自分の霊力を相手に与えてゆきます。

だから、訓練が必要だし、リスクもある。
「早死にしませんか?」と言われる理由でもある。

でも、レイキなどは「外気功」と言われるもの。
これは、自分の霊力ではなく、源が外部にあって、自分はパイプの役割をするだけ。
「訓練が不要で、危険がない」と言われる理由。

「優れたパイプ」となれるか否か?はその人の人間性にかかってきます。
だから、心の成長に伴って、波動がどんどん良くなってくる。

それ以外にも、難しい話をすればいろいろありますが。

ヒーリングには、「マグネティック → サイキック → スピリット」の三段階のレベルがあって、そのヒーラーがどのレベルのヒーリングを行えるのか?で効果は違ってくる。

ウチの場合は、比較的、時間や期間をかけて伝授するほうだから、早く取りたい人にとってはまどろっこしいかもね。

だから、そういう人には向かないです(笑)

うちの場合は、伝授にあたっては、まずよく全身ヒーリングをします。
オーラの浄化を最初にして、霊や生霊が憑いていないかチェック、浄化する。
そしてから、身体のフロント側を中心にヒーリングする。

まったくヒーリング受けたことがない人が伝授をお受けになる場合、2回程度は通常のヒーリングを受けていただくようにお願いをしています。

「浄化」のためでもあるけど。
「通常のヒーリング」をお受けいただくことで「必要なことが起きる」ので、「今」伝授を受けなくても良い人は、自然に伝授を受けない流れになります。

その場合はそれで良いのです。

伝授のセッションであっても、伝授の前にヒーリングをして、それから回路を開いてゆく。

うん。
面倒くさい(笑)
私もそう思う(笑)

でもね。
私の経験上ですが、簡単に済ませると、その後使わないとか、感覚が全くないとか、そういうことになりやすいように思う。

時間かけてもね。
最初は「なんとなく」的な感覚かも知れないからね。

ま。こうは書いたけど。
伝授では、ティーチャーとの「相性」も大切ですからね。

自分が一緒にいて「違和感・圧迫感のない」ティーチャーを選ぶのが最も大切かもですよ(^^)

PS:

そうそう。
たまに「断食」「滝行」したほうが良いですか?
と聞く方がいますが。

基本、あまりすすめません。
霊通しやすくなるよ。

行をやっている期間だけ感覚が開くならまだしも、その後も感覚が鋭くなったままの人もいる。
結果、ネガティブなエネルギーも感じやすくなって、処理しきれなくなって、気が狂いそうになった人もいる。

そういう相談もあったから、その場合は感覚が閉じるような方法を教えていますが。
なかなか大変ですよ。その場合は。

だから、荒行には気をつけましょう。

やるなら覚悟すること。

興味本位にやらないことね。


2012-09-18 23:27:24 0 Comments

大洗の「癒しの祭典in大洗ぷち」無事終了しました!

ご来場いただいた皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました!

私的には、狭いスペースで、セッションに至らぬ点も多かったように思います。
気になったポイントがありましたら、サロンでしっかりとフォローさせていただきますね!

そうそう。北茨城の「皇祖皇太神宮」のことに触れておこうかな。

私が一部の方だけに、皇太神宮をオススメしていますが。

ここの神社は賛否両論あると思います。
もとになっている「竹内文書」の真偽その他もろもろ含め…

昔は「皇祖」という名前のためか、天皇に対する「不敬罪」として、戦争前などは警察が介入したこともあると聞いています。

でも、私がオススメしている理由はそう難しいことではなくて。
ただ「お浄めの力が強い」と感じたことが多くあるからです(笑)

仕事柄、邪気を受けるリスクは多くあります。
自分が疲れていると、自己浄化しきれないときもあります。

でも、平日でも、普通に参拝しただけでも、スッキリすることが多い。

向かっている高速の車中で、自分に憑依していた霊が抜けていったこともある。

いつも、祠の前で手を広げて、しばらく「気」を浴びるのだけど、首が右側に引っ張られて行って、そしたら「パキッ」と首が鳴って邪気が抜けて行ったり。

その瞬間に、祠の右側のろうそくが消えた(汗)

また、お客さんに取り憑いていた式神を祓ったら、自分の首に取り憑いて取れず、一週間首が折れるような苦しい思いをしたけど、神刀祓いを受け半日後にやはり「パキッ」と音がして抜けた…とか。

神社は、あちこち行ってますが、こういう「抜けていく」経験をしたところは少ない。

だから、オススメしているダケです。あしからずm(_ _)m

「竹内文書」にあるように、マホメットやキリストが修行をしたのか?
私にはわからないし、どうでもよいです(笑)

「気」を受けやすい私が、浄化された経験をたくさんしたから。

ご紹介しても、参拝されるか否かはもちろん自由です(^^)

中には、初めての参拝が「祭事」で、神刀祓いまで受けられる方もたくさんいるので。
素晴らしいなと思いますよ(いろんな意味で)

私は、祠のお参りだけを5年間、その期間を経てやっと祭事に参加することができました(笑)
初めてで祭事に出るのが「良い」とか「悪いとか」ではないですよ。

「受けられる」ってだけで「徳」があると思うのですよ。

たくさん神霊の光を受けて、幸せになってくださいね(^^)


2012-09-14 23:25:42 0 Comments

ボトルの浄化です(^^)



100本以上あるから、思い切らないとなかなか出来なくてね(汗)
一本ずつ浄化します。

以前は、2階にボトルを置いていた。
棚はガラスの平板で。
とてもきれいだった。



ボトルが一晩で勝手にひとり歩きしたりしてね(笑)
朝、サロンに来ると、一本だけボトルがあらぬ方向を向いていることが良くあった。

2年前に、2階に何名かの先生がセッションを担当するようになり。
ボトルは3階に引っ越しをした。

3階では、ボトルはキャリングケースに収められ、壁面に固定された。



2階に飾ってあった時期からすると、何とも窮屈で忍びなかったケド。
でも、その数か月後、あの震災が起きた。

キャリングケースに収められ、壁面に固定されていたお蔭で、ボトルは全て無傷だった。
前のガラス棚だったら、全部落ちてたね(汗)

このケースでは、勝手に動けなくなってしまったケド。
注文頼まれて、発注したボトルにひびが入っていたりすると…
依頼主が、交通事故に遭っていたり(汗)

相変わらず、オカルティックなボトルたち…

今日もお客様を静かに見守っています(^^)


2012-09-13 23:28:19 0 Comments

16日は新月です。

太陽とお月様が占星術的に「合」となるのが午前11:11分頃なので、それ以後8時間以内に願い事を紙に書いたり、行動を起こすのに良い時間帯です。

8月は満月が2回あったスペシャルな月でしたが。

先月と、今月の新月は、インド占星術的にはしし座で起きる新月。
(西洋式だと、1星座ずれるかな?)

二回同じ星座で新月があるのも、そうそうある事ではありません。

インド占星術で、12星座ぽくやるなら、8月15日〜9月15日頃の生まれの人は、これから約一年間の目標を探すのに良い一か月になりますね。

「私には関係ないかしら?」と思う人もいるかもだけど。

星から言うとそれだけでなく、自分のホロスコープの月や、アセンダントがしし座に入ってる人も、似たようなインパクトのある新月になりますよー。

インド式ホロスコープ持っている人は見てみてくださいねー。

「Asc」とかお月様のマークが「○〜 ←しし座・こんな感じの記号」に入っている人もですよー。

わからない、見ている時間がない人は、何も考えずしっかり願い事しましょう(笑)

あ、そうだ。

もし、しし座の新月でパーマをかけたら、いつもよりきつくかかるかもね(笑)

よい新月を(^^)


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2012 年 09月 »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

カテゴリ


アーカイブ



△ページトップへ

水戸の占いは星乃光:トップへ