水戸 ひたちなかにある占い レイキは星乃光にすべてお任せ

2014/06:星乃光のブログ

1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2014-06-30 18:42:13 0 Comments

早いもので6月がもう終わりですね。
みなさんは、どんな一か月でしたか??

私は、なかなか濃く楽しい一か月でした^^

曜日によって鑑定場所が変わる…というスタイルになりまして2か月。
ご不便をおかけしている方も多いかもしれません^^;
ご予約が入れられなかった方は、すみませんです。

自分的にまだ「次の拠点」という感覚が来ないので、今しばらくこのスタイルが続くのかもしれません。
ホームページで情報発信して行きますので、引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m


話は変わりますが、レクチャーコース(学習のコース)を始めることにしました。

今までも「占いを教えて欲しい」「弟子にしてください」(汗)というお声を度々いただきまして。
10年くらい前には、占星術のコースをやったことがあるのですが。
求める度合いも、理解の度合いも違う方々を複数名で教えるのは、なかなか難しいな〜と思っておりました。

先日、占いの古典を読んでいて格言があり、面白い言葉があった。

「弟子が師を求めるのは道理にかなうが、師が弟子を求めるのは道理がおかしい」

なるほど。

「生徒が先生を求めるのはよいが、先生が生徒を募集するのは順序がおかしい」
ということです。

なので、求めがあればやることにしました。
基本、マンツーマンになります。

内容は、学びたいことにより、ご相談に応じますよ。
タロット、占星術、ヒーリング、その他もろもろ…

その方の求める内容によって、オーダーメイド的に内容はアレンジします。
私でわからないことは、知っている範囲で他の先生をご紹介しますね。

時間は、3時間程度。
お値段は25,000円で。

複数回ご希望される場合は、お値段安くしますね。


7月は、埼玉の「癒しマルシェ」に出展します。
埼玉のお客様、お会いしましょうね^^

8月は、東京ビックサイトでの「癒しフェア」出展です。
東京、首都圏のお客様、お会いしましょう^^


6月も皆様ありがとうございましたm(_ _)m

明日一日は皇祖皇太神宮月次祭にいます。
参加される方は、現地でお会いしましょう^^

よい月の始まりをお迎えください。


2014-06-27 23:58:13 0 Comments

私が昔、結婚していた頃(笑)

男の子が一人いました。
いちおう、父親だったんですよ(笑)

今日は、その子の命日でした。

もう、干支が一回り以上、前の話しです。

セラピストは天命とおもっていますが。
セラピストはいろいろな話を受け止めて、共感できることがまず大切かとおもいます。

でも、人の苦しみを100%同じように感じることはできません。
感性が、みな違うからです。

だから、そこは「想像力」でカバーするしかないとおもいます。

その「想像力」は、「同じ程度の悲しみ」を経験することで、育つのだとおもいます。
だから、セラピストに限らず、たくさん悲しんだ経験のある人ほど、そこから学んだ人ほど、たくさん人の話しを聞けるのかも知れませんね。

ものごとは、苦しみであっても「学び」があります。
当然です。

当時、元妻は宗教をやっており、「先祖の因縁が病気の原因」とし、手術の二か月前から宗教の道場に寝泊まりでした。
最終的には、そこの宗教の指導者から「かなり良いが完全ではない」と言われていた。

しかし、結果は、手術室に入っていく姿をみたのが最後になりました。

私は当時すでに「インド占星術」をやっていました。
私はその宗教に「インド占星術」で挑戦しました。

この出来事は、彼自身が選んだ宿命だったのだろうか?

それとも、先祖の因縁だったのだろうか?

結論を得るのに一年半くらいの歳月、勉強するのに時間がかかった。

結果、それは「ホロスコープが暗示していた」ことである結論を得た。
「先祖の因縁」などではありませんでした。

インド占星術は、宗教に勝った。
「午前中は順調であるが午後から容体が変わる」ことまで読み取れた。

結論を得たあとで、オラクルカードを一枚引いてみた。

出たカードは、

「I found it」(わたしはそれをみつけた)でした。

私は神を感じました。

私は「インド占星術」に癒されました。

不思議と、その「気づき」のあとは、糸が切れたようで。
それ以上占星術を深く学ぶ気にはならなかった。

彼が、占星術を学ぶモチベーションを与えてくれていたんだね。

しかしいまは、その占星術が、たくさんの人に元気や安心を与えてくれる「ツール」の一つになっています。

私の占い師名の「光」は、彼の名前の一部から取りました。
そうすること以外、彼の存在を世の中に示してあげることができないからです。

今現在、子供さんに関するご相談もたくさん頂きます。

私は過去の経験がありますのでね。
つい「健康ならいいじゃないですか」って言いそうになること、ありますね(笑)

だから「いうこと聞かない」とか怒らないで。
親子で過ごす時間を大切にしてほしい。

そうおもうかな(^^)


2014-06-23 23:48:07 0 Comments

霊的な感覚のお話し。

霊的な感覚とは、主に4タイプとされています。
すなわち、見える、聞こえる、感じ取る、思考の中でひらめく…など。

ただ、やはり、これ以外の感じ方もあるとおもう。

そのうちの一つが「匂い」ですね。

霊もそうだけど、エネルギーの状態、心の面や体の面などで、確かに独特の匂いがするのは、皆さん意外と経験されているかも知れませんね。

霊で言うならば、生前にたばこを吸う習慣があった地縛霊を除霊するときなど、ふわーんとたばこの匂いが漂うときがあります。

あとは、オーラ浄化などのときも、結構匂い的なものってするんですよ。
体臭ではなくて(笑)

オーラ浄化が「もう終了だよ〜」って頃には、何とも言えないいい香りがしたりします。

そこまでいく途中では、いろいろですね。

薬を飲んでいる人は、薬のにおい。

サプリメントなどを飲んでいる人は、サプリメントのにおい。

オーラ浄化中、大量のエクトプラズムが放出されているときは、鹿の角を焼いたようなにおい。

独特です。

あと、「魂が肉体を離れかけている人のにおい」ってあります。
現在病気の人がそうではなく、普通の人でおきることです。

どんな匂いかは詳しくは申せませんが。

これはね。
あまりに「人生の目的」や「今世のお役目」から的を外した生き方をしている場合。
魂は、この「肉体や今生」に期待できないと思ってくると、積極的に肉体を捨てよう…とする場合があります。

今生をリセットして死を迎え、転生を早く迎えた方がよい…というわけです。

だいたい、50〜55歳くらいの間に、魂は判断するようですが(例外もあります)
そうすると、病気がちになります(病気がすべてこの理由ではありませんよ

※このブログに興味を持つ方は、少なからず魂の世界に興味がある方でしょうから、こういうことはないでしょう。

こういう場合はのんびりとはしていられないけど、魂はまだあきらめてなくて、そのために可能性を探ってセッションを求めてくるのだから、まだまだフォローできます^^

毎日充実して生きていきたいものです(^^)


2014-06-22 00:23:05 0 Comments

よく「カードを読み取るのが難しい…」というお声を頂きます。

タロットに限らず、オラクルカードなど…
無理もないことかも知れませんが。

※以下、例によって私の勝手な見解です。よろしく^^

私は「教科書通りの意味にこだわらないこと」って申し上げます。

まずは「カードと仲良しになること」→3か月はかかるかもだけど。

最初はね、練習としては一枚引きで「明日の○○(用事など)について教えて」と言って、一枚引く方法をお勧めしています。

そして、まず絵柄やカードからの印象、インスピレーションを大切にします。
ガイドブックをみるのは、それからだよ^^

カードから感じ取る作業が「仲良しになる」っていうことです。

「明日の○○」ってお題だと、その後の整合性が取れるでしょ?
そこが良いトコ。

せっかくいい感受性があっても、教科書の意味にしばられると、実際はよめないことも多い。

今日はね、実際の例を3例ほどご紹介しましょうね^^

,△訝棒の例
彼は、タロットを勉強したことがあり、カードの知識がある人です。
セッションのときに「気になる女性がいる」ということで、お付き合いできるか?みて欲しいということで、タロットで占断しました。

結果のカード↓



これは、マルセイユタロットの8番「正義」というカード。
教科書の意味では「つり合いのとれた相手」ということになります。
案の定、彼は意味がわかるので喜んでいました。

でも、私はカードを返して置いてみたときに「お断りします」と、カードの顔がきっぱり言っているように感じました。

その後を彼に聞いてみたところ、やはり「相手にもされなかった」ということでした。


△△襪寛搬欧領
新年も近い年の暮れ、あるご夫婦が来店されました。
しかし、お二人とも雰囲気が尋常ではない。
下を向いてうなだれて、話す気力もない様子。

お子さんが、行方不明になってしまったとのことでした。

経済的にもゆとりがない中で、国立大学に行かせようとしたけど受験に失敗、お金も大変な中でも予備校にも行かせたが、お子さんは「大学へ行きたくない」とはじまりケンカばかり…

あげくの果てに、行方がわからなくなってしまった…とのこと。

お話しをして「お子さんに遠隔で呼びかけてみますから」
ただし「帰らせる前提でやるわけではないので、そこはご了承ください」
と申し上げてお引き取り頂きました。

幸い、それから2日後に家に帰ってきたそうで。よかった。

その後、親子さんでサロンにみえて、進路の相談をうけました。

親御さんは「国立大学」
お子さんは「専門学校」、行きたいところがあったそうです。

常識的に考えたら「国立大学」が無難でしょう。
でも、私の仕事は、エネルギーを整え、カードで出た結果をお伝えするのが役目です。
私情や常識はいらないんです。

結論のカード↓



これは16番「神の家」というカード。

即答でした。
お子さんの志望する「専門学校」です。
そこの校舎と、カードの絵柄がぴったり重なるようにみえたからです。

ちなみに、お子さんの希望された「専門学校」の校舎↓




教科書的には、インスピレーションを受け入れる、新しい自分に生まれ変わる…などの意味がありますが、それではワケがわからなくなります。

そのお子さんは、その後、専門学校の夜間部に進学され頑張っています。

教科書と、現場での占断の違いがわかるでしょ^^


ある女性の例

これは、ちょっと極端なケースですが。
この方が、独学でマルセイユタロットを勉強していたときのこと。

私が「明日の○○のことについて教えてください」って1枚引きをする練習を、繰り返すといいよ。ってアドバイスしていたのですが、それを真面目にやっていたようです。

ある日「明日の運勢を教えて」って1枚引いた。
ざっくりした質問ですが、出たカード↓



17番「星」というカードです。
教科書的には、希望、豊かさ、謙虚…などの意味になります。

でも、翌日なにがあったかというと。
あの震災でした。

教科書的な意味合いからは、整合性が取れないでしょう。
でも、このカードの絵柄をよくみてください。

この絵柄のとおりの状況になりましたよね?

停電して星がきれい。
断水して水をくみ…

そういうことなんです。

最後のは極端な例ですが「カードは教科書にとらわれないこと」を強く教えてくれた事例でもあるとおもいますね(^^)


2014-06-18 17:31:27 0 Comments

お知らせです^^

(20日現在)

21日(土)ライブラリーカフェ然々→終日ご予約いっぱいです。

22日(日)東石川町サロン→終日ご予約いっぱいです。

23・24日→お休みいただきますm(_ _)m

25日(水)企業内イベントのため、通常のセッションはお休みです。

26日(木)ライブラリーカフェ然々→終日ご予約いっぱいです。

28日(土)ライブラリーカフェ然々→終日ご予約いっぱいです。

29日(日)東石川町サロン→17時以降で、ショートセッションのみ可能です。

7月2日(水)あさみやさんフリーマーケット出展になります。

7月4〜6日頃予定→海外からのお客様対応のため、通常セッションはお休みになります。

よろしくお願いします^^

お問い合わせ:070−6658−9818まで。

よろしくお願いします(^^)


2014-06-17 11:38:53 0 Comments

明日18日(水)は、東海村の「あさみや」さんでセッションです。
10時すぎ〜夕方までです^^

あと、20日(金)は東石川町サロンで、21日(土)は然々さんになります。
ご質問がおおいのでm(_ _)m


さて、前回からのお題ですが。

ネットで「レイキの伝授」を調べてみると、所要時間や、料金などがまちまちだと思います。

「一日でサード取得」とか、「一日でティーチャーになれます」的なものとかあります。
都内とかだと、どうしても遠いのでそうなりがちなんでしょうけど。

私的にはですが、短時間で伝授すると、そのあと「使えない」「使わない」ってケースが多い様な気がするね。

「レイキが実感できない」からなんでしょうけど(汗)

理論的には、一日での伝授も可能なんですが…。

私の場合、その方のエネルギーを浄化して→ヒーリングして整えて伝授→そして一週間後に定着度をみながら→次のプロセスを調整する…ってやりかたしますからね。

伝授の回数が複数回になります。

伝授のプロセスは、こちら的にはその方に合わせた「オーダーメイド」になることがあります。
どうしても、回数を増やさないといけなくなる場合もありますね。

即席的な伝授をするスクールで受ける場合は、事前にヒーリングをしっかり受けておくこと、その後の質問などのフォローにも対応してくれること…が大切でしょうね。

その場合は私は、いまは個別に対応しているけど、勉強会なども考えてはいますよ…。

現状で、レイキのご質問や、伝授を受けた方で「パワーのチェックをしてほしい」などありましたらご相談ください(^^)


2014-06-16 11:33:53 0 Comments

さて、ご存じかも知れないけど、レイキの伝授には「段階」があります。

まぁ、級みたいなものですかね^^

一般的には「ファースト」「セカンド」「サード」「ティーチャー」

という感じです。

それぞれの段階がどんな感じなのか??
私的な感じでは、

○ファースト
→入門編ですね。抽象的なところも多いです。気に敏感な人は、無意識に今までやっていたことが「そうだったのか〜」みたいな気づきもあるかもね^^

○セカンド
→伝授を受けるのに、最初ここまでを目指せたらいいね。シンボル(印)やマントラ(真言)をお渡しできるので、やり方が具体性を帯びてきます。理論的には、パワーがファーストの倍になりますよ^^

○サード
→ここからは世界が変わりますね。「自分のガイド」とのつながりが濃くなりますよ。セカンドまでは、レイキが「特技のひとつ」的な感じですが、サードからはレイキが「ミッション」的に存在感が大きくなりますね。

余談ですが、ティチャー伝授を受けた方と話していて、サードの伝授のとき、「さあー始めますねー。あ、そうそう。人生変わっちゃうけどいい??」って先生そう言ったの覚えてる??って言われました(笑)


流派とかいろいろありますよね。
好きなところ、ウマが合うところを選んだら良いとおもいますよ^^

※「波動は、ヒーラーの霊格と人格によって決まる」

これ鉄則です^^
何を「言っているか」より「実際やってるのか」が大切です。
そこをよくみましょう(^^)

再伝授とか、途中でスクールを変えるとかもアリですよ。
(当事者は何というかわからないけど・汗)

私自身もセカンドまでと、そこから先は違うトコ行きましたしね。

いろいろ求めていたら、最後は臼井先生(レイキ創始者・故人)が幻で現れて、伝授してくださいましたよ(笑)

次は、即席伝授と、時間をかける伝授について、感じるとこを書きますね^^


1 / 3 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2014 年 06月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

カテゴリ


アーカイブ



△ページトップへ

水戸の占いは星乃光:トップへ