水戸 ひたちなかにある占い レイキは星乃光にすべてお任せ

2014/12:星乃光のブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2014-12-30 17:49:50 0 Comments

今年もあとわずかとなりましたね^^

今年ご縁があった皆様、ありがとうございました!
お客様やお仕事関係でのご縁など…
長いご縁、短いご縁、いろいろでしたが。

ご縁あった皆様に、ありがたく、感謝の思いです。

なが〜いご縁のお客様と再開して、
「ゆっくりでも前進しているな〜」と感じたり。

逆に、
「力になれなかったかな〜」と思うこともあったり。

いろいろです。

一年の前半と後半では、鑑定の場所も変わりましたが、
またそれに伴って、いろんな人たちとのご縁もありました。

ありがとうございました。
深く感謝しています!

今後はどうなっていくのか??

私は、目標ってあまり立てたことがなくてね。
その時々、一生懸命にやっている感じだから、
「来年はこうなります!」みたいな宣言はないのですが。

ただ、なんとなく今感じることは、

皆様が、
「占いを超えた生き方」や、
「占いを超えた結果が出た」

そんな日常となるように、

「オーラ浄化」や、

「全身ヒーリングの質」など、

セッションの波動を変えてゆく必要がありそうです。

しあわせな意味で、
「占いが当たらない人」
が増える。


そうして行かなければならない、
そんな「天の声」を
感じています。

すでにヒントは頂いておりますが、
自分自身でまず確かめて、
(自分で確かめないことを伝えるのは「そそのかし」の類で、天はそれを嫌がるのですよ)
セッションに組み込んでゆきます。

ただ、皆さんには、
「わからないように」かもね(笑)

本質的なことは、
大げさにやる必要がないんですよ。
本当はね。

だから、
セッション自体は、
見た目には変わらないと思いますが^^

来年も、
何かお役に立てる部分があれば、

またお会いしましょう^^

一年間、
本当にありがとうございました!!


2014-12-28 01:08:59 0 Comments

「他でこう言われたんだけど」

って相談も、結構多いものです(汗)

その中でも多いのは、
「大殺界」とか「◎◎殺」とか、

これを心配する人が結構多い。
私自身はどうしているかと言いますと。

「まったく気にしまへん」(笑)

「殺」を見るのは、命術と言ってお誕生日から算出するものだけど、
以前にも言いましたが、これは、

「過去のカルマのパターン」で、

生き続ける人には当てはまります。

だから、
「自分の過去も必然であったと腑に落ちた」とか、
「自分らしい生き方をして、人の役に立つ覚悟を決めた」人にとって、
命術の未来予測は当たらなくなっても自然なことです。

上記のような「気づき」を得た人は、
エネルギーが、けた違いに上がるからです。

「今年の運勢をみて」

これから多くなる案件ですが、
特にヒーリングをお受けになっている方は、

「こころに正直に行動する」

それで十分ではないかと思います^^

ただ、
はじめのうちは、
その見分け方がわからずに、
間違う事もあるかも知れないけど、
コツをつかんだら、きっと大丈夫^^

自信がなかったり、
ちょっと「自分のコンディション」に自信が持てない時は、
オーラ浄化やヒーリングなど、
させて頂きますね^^

限りある人生の時間を、
有意義に、幸せなものとして、
お使いになれるよう、
願っています^^


2014-12-24 01:06:20 0 Comments

昨日は新月でしたが、冬至でもありましたね^^

冬至の頃って、霊界では指導霊たちの会議がある頃です。
だから指導霊がついている方の場合は、
今までの「歩みの成果」を踏まえて、
また「今後の変化」が表れてくるのでしょうね。

(守護霊は誰でもついているのですが、指導霊はついている人も居ればいない人もいます。また代わったり、新たについたりする場合もあります)

さて、
本題で。

キリストの言葉の中に、
「私につまずかないものは幸いである」
という言葉があって。

色んな解釈があるのでしょうけど、
相手が救世主であれば、つまずくはずもない…
ふと、そんな風に思いますよね。

キリスト教や、聖書の世界では、
キリストは「神格化」されていますが。
実際のイエスは、かなり気性の激しいところもあったみたい。

聖書には採用されなかった福音書には、
テーブルをひっくり返したり(汗)

聖書の中でも、
教会の中で金勘定をしていた両替商に向かって、
ムチを振り回して追い払ったり、

そんなイエスが書かれています。

そんなイエスではあったけど、
そこに付き従う人たちも多くいた。
そういう人たちの特徴にあるのは、

「人を見ず神をみている」ということ。

違う言い方をするならば、
イエスがどうのこうのではなくて、
イエスが師ではあったのだが、
そこにとどまらず、

「我と神の関係」を築いていたということ。

これを「神観」と言います。

でも逆で、

「神を見ず人をみている」

これがよくあるんですね。

だからその場合、
イエスの言動一つで、
その人の「天に対する信頼・関係性」は、
簡単に揺らいでしまう。

「わたしにつまずかないものは幸いである」
この言葉の真意なのでしょう。

「我と神」

神様や、指導霊たち(ガイドスピリット)は、
常にひとりひとりに働きかけています。
みなさん個々人の「神観」は、
どんな感じかな^^

物事が、パズルのピースがはまるようにシンクロしたり…
困難な日の朝に、ふっと羽根が落ちてきたり…

そういう現象を通して、
「我と神」の関係が深まって行くならば、
ブレない自分自身になって行くでしょう。

イエスという人物は、
本当に数奇な一生涯だったと思います。
イエスの教えは為政者たちには脅威で、
イエスは最後は「おたずねもの」となっていました。

写真もメディアもない時代ですから、
うまくすれば捕まることもなかったのでしょうけど、

最期は、
イエスに従っていた弟子に、
たった「銀貨30枚」で、
役人に売り渡されて、
十字架にかけられました。

余談ですが、
皇祖皇太神宮の古文書には、
十字架にかかったのは、
イエスの双子の弟であり、
イエス自身ではなかったとされています。

イエスはマリアと共に日本の青森県に逃れ、
余生を送ったとされています。

実際に青森のその村には、
「イエスの墓」があり、

イエスは「五十鈴彦」、
マリアは「真理」と、
名乗っていたようですが、
本当のところはわかりません。

また「マリア」は、
母親マリアなのか、
信徒であり、イエスの実妻であった
「マグダラのマリア」なのかは、
わかりません。

都市伝説的ですね^^;

一年も終わりに近づいて、

この一年の、
「出会いと背後の導き」に感謝して、

良い新年を迎えましょうね^^


2014-12-22 01:06:34 0 Comments

海の近く〜@日立

ロケーション良くて気持ちいいね^^


2014-12-19 17:01:46 0 Comments

唐突ですが。

神様っていると思いますか??
今日は、居るという前提でのお話です^^
居ないと思う方には、難しい話題かもしれないけど。

このブログをご覧になる方は、その点理解があって、
すんなり読めるのではないかな??
と思います。

本題ですが。

神様は、「幸せになるヒント」を、

いろんなカタチでだしてくれています。
ただね、そのもの&直球じゃないんだな。これが。

そのままでは活用できない、状況や、
モノだったりすることが多いんです。

願ったものが、そのまま出てきたら世話ないんだけどね。
そうではなくて。

だから、
それに向き合って、
どうするか??を感じて、
行動して、工夫して、

結果を出してゆくしかないんです。

そこは自己責任です。

その途中には困難もあるけど、
困難があるから間違っているわけではない。

例があったほうがわかりやすいでしょうから、
最近の私のことを例にしますね(汗)

自画自賛ではないのだけど、
具体例があったほうがわかりやすいと思うから。

数か月前に、アウトレットの占いを抜けることになって。
急なことだったから、次どこでやるか?みたいなことも決まっていなくて。
(ふつう決めてから辞めるよな・(笑)

今までご縁があった何か所かの場所で、
曜日替わりでセッションをさせていただくことになったのだけど、

その中に、東海村の雑貨屋さん「あさみや」さんがありました。
あさみやさんでは、ガレージの屋根の下で、
テントを張ってセッションすることになり。
確か初日の出展日だったと思うけど、

「やっぱり何か囲いが欲しいな〜」と、

ぼんやり思っていたら、ぱっと、

「キャンピングカー」がひらめきました。

そうか、
「移動する箱があればいいんだ」って。
そう思いました。

そうは思ったものの、
乗ったことのないクルマだから、
構造や、維持にいくらかかるのか??などなど。
一からの勉強でした。

実際に販売店に見に行ったりして。
そこはキャンピングカーのレンタルもしていたから、
借りて、乗ってみて、セッションしてみて、
考えて。

予算も限られている中で、
9月に一度契約はしたのだけど、
わけあってキャンセルとなりまして。
「ん〜このプランは違うのかな??」
と思ったり。

そんな流れの中で、
今回お世話になったクルマ屋さんとのご縁あり。
11月下旬に準備ができたワケです。

もちろん、
この方法が正解なのか、
どうなのか?今の時点ではわかりません。

ただ、

「きっとこのやり方は人の役に立つ」

と思ったから、結構、一生懸命でした。

あさみやさんでの
テントでのセッションがあって、
だからインスピレーションがあって、

自分なりに努力して、工夫して、
時期を待ったら、

こういうカタチになったのが、
現在のトレーラーでの
出張セッションのカタチです^^

余談だけど、

「先生は自分で占って決めるの?」って、

たまに聞かれるけど、
上に書いた通り、
あまり自分のことは占いで決めません。

占いの技術は、
「人のために役立てる」ものだと思っているから、

自分のことは、自分の直感で感じて、

実行して、上手くいったり、失敗したり、

学びをしています。

特に自分が、

「失敗したくない」「損したくない」とか、

動機がそこにあって、占いを使うなら、

「運を落とす」(自分が)

そういうことになりかねません。

※特に「自分自身」の場合ですよ。

「神様のヒント」
なんとなく感じて頂けたら幸いです。

それをきっかけにしたり、
それを工夫することで、

きっと何か「答え」に近づくんだと思います^^


2014-12-17 00:36:38 0 Comments

みな、
お一人お一人、
たましいってもっているワケですが、
そのたましいは、
例外なく、

「神の分け御霊」(わけみたま・分霊)

なのです。

いまの状態がどうとか、
それは関係なくて。
魂の「本質の部分」の話しです。

お一人お一人の魂の本質の部分は、
「神の分霊」なのだから、
全知でもあります。

だれかに問題を相談しなくても、
「自分の心でわかる」
のですね。

もちろん、
魂の本質は「神の分霊」であっても、
今現在、
何に向き合って、
学びをしているのか、
そこはお一人お一人皆ちがいます。

それでいいんです。
魂の学び、浄化が必要なければ、
地上に生まれてくる必要はありません。

また、
人の学びと、
自分の学びを比べて、
優越感に浸ることもないし、
落ち込む必要もないんです。

わたしたちがしばしば、
人生の時間を無駄にしたり、
人生を失敗する理由は、

「目の前のつらさを回避しよう」

こればっかりに意識が終始してしまうからです。

その状況から、
「わたしは何を学べばよいのだろう」と、
そう考えるなら、
早いうちに答えはあるはずで、
うまく行かないことが続くこともありません。

生きることを通して、
自分で選んでもってきた学びを、
行動を持って答えを出して、
魂を成長させて、
死後、
再び神の世界に帰るのです。

ともすると、
そこを忘れてしまうので、
人生の目的から外れることがあります。

ちなみに、
ふだん、見たり聞いたりしている感覚は、
魂の感覚であり、
死んでも今見ている景色の感覚は変わりません。

だから、
死んでも、
死んだことがわかっていない魂が居たりします。

魂は永生します。
空気が腐らぬように、
魂は、腐らない永久元素でできています。

占い師…というカンバンはつけておりますが、
先に書いたような観点からは、
答えは皆さんが解るのであり、
何かしらの手段を使って、

「そこを思い出してもらう」

その手伝いをするのが、
仕事なのかも知れません。

だから、
そのために、
占いの技術を使ったり、
ほかが効果的なら他の手法で、

「あなたの魂は神の分霊である」

そこを取り戻してもらうのが、
セッションの着地点かも知れません。

余計なことかも知れないけれど、
誰だって「苦手な人」って、
いますよね。

でも、
その人すら、

「神の分霊」である。

これを忘れないでください。

魂の神性が、
「表に出ている人」もいれば、
「まったく光を失っている人」も、
いるのです。

その状態である、
その責任は、
他の誰でもなく、
「自分自身が取る」のです。

だから、
ご本人が変わることを求めていないなら、
そのままにしておくしかありません。

占いは、
希望を得るためならそれも良いですが、
くれぐれも、
自分の生き方を限定しないように。

肉体を持った生を受けることを許された、
そのことに感謝して、
自分が人生の主役となって、
限りある生を
謳歌し、学びましょうね^^


2014-12-13 01:10:38 0 Comments

今年の一文字が発表されましたね^^

今年は「税」だとか。

それにしても、そのまんまというか…(笑)
もうちょっと何かないんですかね。

みなさんお一人お一人の「今年の一文字」はなんでしょうね??

あらためて考えると、
私は、

「助」

かな…

私が、「助けられた」方ですよ^^
いろんな方々に。

お客様にはもちろんですが、
お仕事関係でも、
出会った方々に。

学ばせて頂いたり、
もったいないほどの感謝のお言葉を頂いたり、

無形、有形に限らず、
たくさん、助けて頂いたな〜と。
実感する12月です。

だから、
ほんとうに、
一年間ありがとうございました!

つねづね、
「なにか皆さんにお返しできたらな〜」と思うのですが。

ポイントカードってワケにはいかないでしょうしね(笑)

セッションの時間で…みたいなことに、
なってしまうのですが。

去年の構えが大きかったので、
今年は、いままであまりお付き合いのなかった、
税務署や、
商工会議所の方々と、
仲良く(?)
なりました(笑)

経営的なことは、
苦手なのですが、
今後はその辺も、
勉強しないとね(汗)

今年も残りわずかですが、
「質の良いセッション」を追求して参ります。

これから寒くなるとか。

お互いに、
体調に気をつけて、
しあわせな毎日を過ごせるよう、
日々、心がけて参りましょう。

きょうの最後は、
齋藤ひとりさんの、
運気がよくなる8つのことば。

普段使ったり、
一日何回も唱えても良いみたいですよ^^

・あいしてます
・ついてる
・うれしい
・たのしい
・感謝しています
・しあわせ
・ありがとう
・ゆるします

でわ、
またね^^


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2014 年 12月 »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

カテゴリ


アーカイブ



△ページトップへ

水戸の占いは星乃光:トップへ