水戸 ひたちなかにある占い レイキは星乃光にすべてお任せ

2015/11:星乃光のブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2015-11-30 00:59:54 0 Comments

11月も最後の一日となりまして。
どんな一か月だったでしょうか??

私は徐々にではありますが、
しかし、しっかりと変化の流れを感じています。

来月のイベント系のご案内をしていませんでした(汗)

5日土曜日は、
北茨城の皇祖皇太神宮で、
「神参りの仕方」を行います。

前回同様、
鳥居をくぐる時は、
足はどちらから踏み出すか?とか、
手水舎ではどのように浄めをするのか?とか、
「ひとがた」を神社に依頼する場合…など、
実際にお参りしながら行います。

神宮で11時〜やりまして、
12時からは近くでランチになります。

参加費は、
ランチ代込みで3000円になります。
参加希望の方は、
メールでお申込みくださいませ。

19日土曜日は、
「レイキ取得者のゆるいランチ会」を行います。

ファーストディグリー以上のレイキの伝授を受けている方、
日頃レイキを使っているとか、
使っていないとか、

感覚がわかるとか、
わからないとか、
もろもろのお話ができれば…という趣旨です。

場所はひたちなか市内を予定しています。
会費は1500円で、
それ以外、個々人の飲食代ご精算くださいませ。

こちらも、
参加希望のかたは、
メールにてお申込みくださいませ。

以上がイベント系のお知らせでした^^


さて、
最近は「奪う」という、
共通のテーマを感じる相談がありました。

無形のモノであれ、
有形のモノであれ、

奪われることってあります。

無形のものであれば、
元気、ヤル気、平安な気持ち、時間、信頼、などなど。

有形のものであれば、
大切なモノ、お金、などなど。

あげればもっとありますね。

もちろん、
無形のモノだから、
奪ったってわからないし、
だから良いワケではありません。

かならず「バランスの法則」が、
はたらきますから。

ところで、
モノで例えると、
「奪う」行為は、
ナゼ処罰の対象になるのでしょうか?

ちょっと法律用語になってしまいました。
わかりやすくいうと、
「人のモノを盗ったらナゼいけないのか?」と、
いうことです。

そう決まっているから?
エンマ様に罰せられるから?

私の感覚ですが、
例えばモノであれば、
あめ玉一個であれ、
それが製品になるまでに、
沢山の人の努力があります。

商品を企画して、
試作を作って、
原料を調達して、
製品化する工夫をして、
パッケージを作る人がいて、
販売してもらう交渉をして、
商社があって、
運ぶ人がいて、
売る人がいて…

100円のあめ玉ひとつ売るのに、
沢山のひとの努力が介在します。

だから、
自分も努力の等価交換をする…
ということです。

お金を得るのには、
努力が必要です。

その努力と相手の努力の、
等価交換をする。
これが宇宙のバランスの法則です。

目に見えるものでも、
目に見えないものでも、
この法則は働きますよ。

大して精誠尽くしていないのに、
もらうものが大きかったら、
バランスの法則によって、
損害が出たりとか修正が働きます。

こういう原則を、
まったくお構いなしの人もいますね。

あまり気づかないでいると、
何か法律的なことに引っかかって、
強制的に法律の名のもと、
秩序を学ばなければならなくなります。

でもね、
なかなか学ばないんだな。

あるお客様でね、
オーラ浄化していたら、
「なんで俺ばっかり」
「俺のせいじゃない」って、
感覚が伝わってきたことがあるんです。

ご本人は女性ですから、
ご本人の想いではありません。

「ところで、お仕事何されてます?」って聞いたら、

「刑務所の職員です」って(汗)

原因を、
「自分の外側」に求めるかぎり、
人は成長しません。

理不尽に思える事柄であっても、
「私はここから何を学ぶんだろう?」と、
考える人は、
あっという間に、
困難を乗り越えて行きます。

話しの幅が広くなりましたが、
「奪う」タイプの人からは、
離れて賢明です。

11月も最後の日、
何かの一助になれば幸いです^^


2015-11-26 00:07:32 0 Comments

誰??って人もいるでしょうけど。

「ジェイソンウインターズ・ティ」という、
ハーブティを作ったおじさんの名前です。

2004年に、
74歳で他界されている方ですが。

ここ一年くらいは、
このハーブティを名刺にパックして、
差し上げています。

このハーブティが良いよ〜
という話がしたいワケではありません。

この話をするのは、

つくづくこの、
ジェイソンウインターズという人、
その生き方に、
勇気をもらえる人も多いのでは?…
と思うからです。

このおじさんは、
46歳の時に首に大きな腫れものができました。
痛みも出てきたわけで病院に行ったところ、
診断は「ガン」だと。

手術と抗がん剤の治療を勧められ、
「それでよくなるんですね?」と聞いたところ、
医師の答えは「もって一年でしょう」との答え。

このおじさんは、
それで病院の治療を断念しました。
「助からない人間に手術を進めるなんて」という、
不信感もあったようです。

ジェイソンさんは、
死を覚悟し、
心の拠り所にしたのは、
聖書をはじめとする様々な聖典でした。

特に旧約聖書の中には、
たびたび「ハーブ」に関する記述があります。

ジェイソンさんはそこに興味をもち、
「聖典に出てくるハーブにかけてみたい」と、
そう決心されました。

まったくハーブに関する知識がない人でしたが、
一から勉強して3種類のハーブにたどり着き、
シンガポール、アメリカ大陸、イギリスで、
それらを手に入れました。

しかし、
3種類のハーブを一つずつ煎じていたけれど、
一日の大半の時間をハーブを煎じるのに費やし、
しかも、
それらは全くと思われるほど、
効果を感じなかったそうです。

宣告された死のタイムリミットが迫る中で、
身体はどんどん衰弱し、
一人では立つことも難しいほどに。

おまけに、
シンガポールでは高価なハーブの為に、
貯金もすべて使い果たし、
それからは数枚のクレジットカードを頼りに生活を。

イギリスへ、
レッドクローバーというハーブを求めて行ったのは、
シンガポールのあとだったのです。

イギリスから帰ると、
クレジットカードは止められて、
督促がくる日々。

心身ともに追い込まれたジェイソンさんは、
あるとき面倒になって、
3種類のハーブを一緒に混ぜて、
煎じてしまうことにしました。

ジェイソンさんは、
「あの時のことは良く覚えている」
「水曜日の午前10時をすぎた頃だった」と、
言っています。

その3種類のブレンドティを口にして、
「身体の中で何かとても良いことが起きている感じがした」
「頭の中で教会の鐘の音が聞こえたようだった」
そうです。

それから数週間で、
ジェイソンさんは、
今まで以上の健康を取り戻して、
その姿をみていた周囲の人達から、
そのハーブティの評判が、
伝わって広まっていった…

というのが、
ジェイソンさんのストーリーです。

ここで、
このハーブティがどうの…という話ではなくて、

ジェイソンウインターズという人の、
生き様に、
勇気をもらえるような、
そんな気がします。

大病をして、
日に日に身体の衰弱を感じながら、
自分が直感で感じ取ったインスピレーションに、
最期を賭けてみよう…と。
おもえるでしょうか??

家族もいる。
子供は確か5人だったか??

上の子供は学校を辞めて働き始め、
下の子供は「お前のお父さんは変人だ」といじめられ。

貯金もなくなり、
クレジットカードも止められて、
それでも自らが信じた道を貫いて。

最後に大逆転。

ジェイソンさんのストーリーは、
「自分の信念を貫いて生きよう」とする人々にとって、
勇気をもらえるストーリーだと思います。

自分の信念に従って生きる…って、
ふと、

「大海原に小舟で漕ぎ出した」ような、

感覚に囚われることがあります。

方向は合っているはずなのだが、
これで本当に大丈夫だろうか??

そんな思いにさせられることもあります。

先人の生き方から、
学べる部分って、
たくさんあるね^^

ジェイソンさんのストーリーは、
本になっています。
私は3冊くらいもっているけど、
読みたい人はお貸しできます。

ご希望でしたら、
お申しつけくださいまし^^

大きくても、
たとえ小さくても、
夢を大切にして生きる人たちに。


2015-11-24 14:18:38 0 Comments

昨日は、
皇祖皇太神宮の秋期大祭でした。

お天気がすっきりしない中での祭事でしたが。

鳴動神事では、
男神さまの音魂は、
管長さんが、
祝詞を唱えるよりも早く降臨されて、
音も安定した響きでした。

女神さまの音魂は、
祝詞の一節目くらいの降臨で、
やはり早かった方ですが、
音魂も安定して、
力強い感じでした。

管長さんの総括は、
「やるべきことは先送りにせず、
はやく実行に移すこと」

概ねそのようなお話しでした。

私的には、

「周囲の雑音に惑わされず、
自分のやるべき事を忠実に行うこと」

そんな感覚が致しました。

世の中は、
相変わらず「様々な正義・都合」が飛びかって、
とても騒がしいかもしれません。
それが「雑音」の意味です。

個々人の正義であったり、
個々人の都合が飛び交っています。

世界まで視野を広げれば、
テロや戦争まで、
正義の名のもと行われています。

不安な気持ちが強いときは、
意見を求めたり、
何かに依存したくなるものですが、

「自分はどうしたいのか?」を、

よくよく心に聞いてみて、
自分の心が求めることを行いましょう。

個々人の主張は、
「自分の都合勝手」で、
なされていることが多いです。

ご本人すら、
気づいていない事も多い。

自分の本質を大切に。

守るべき信念、
守るべきもの。

そこを見失わずに、
雑音に惑わされずに、
歩んでまいりましょう。

よい一週間でありますように^^


2015-11-19 01:02:27 0 Comments

いま新聞に載る毎日の12星座占いを書いているけど、
今月で契約が終了します。

2年近く、
連載をさせて頂いて、
本当にありがとうございました。

振り返って、
自分自身も、
良く頑張ったな〜と、
あまり誰も褒めてくれないので、
自分自身を褒めたいと思います(笑)

褒められない理由はいろいろあるけど、
「あなたならこれくらいできて普通でしょ」みたいな、
キャリアがそれなりにあると、
勝手にハードルが上がって行くこともあるよね(汗)

ところで、
日本語って、特に漢字とか、
意味が深い言語ですよね。

ところで、
「人の為」と書いて、

なぜ「偽」なんでしょうね。

ここ最近、
何となく聞こえることが多く、
気になる単語なのかも知れません。

子供の頃とか、
しつけが厳しければ厳しいほど、
親の期待に応えなければ…という、
強迫観念が心の中に育ちます。

そういう価値観で現実を生きると、
経験する出来事を、その価値観で解釈してゆく。
そしてさらに強迫観念が強くなる。

他者の期待に応えること=自分の価値

これが身にしみつく。
「他者」が何かにすり替わる場合もあるよね。

誰かが都合よく定義した「神」であったり、
巧妙に作られた「教義」であったり。

結局、
しあわせをはかる基準が、
自分の外側に置かれてしまうのでしょう。

生きる基準が、
自分の中にないから、
「偽」というのかも知れません。

「偽」=「にせ」とも読みますが、

自分を何かに似せるという
ことなのかもしれませんね。
自分の本質ではないわけです。

宇宙の中心を「神」という言葉で定義するなら、
自分の内側にも神の分霊がある。

ちょうど、
電話の親機と子機のように。

宇宙の中心と、
自分の中心はつながっている。

だから、
自分にとってYESの事柄に向き合うと、
呼吸は深くなり、
筋力はアップし、
神経の働きはよくなる。

自分のとってNOの事柄であれば、
呼吸はあさくなり、
身体に力が入らず、
神経のバランスも崩れる。

身体は正直なんですね。

なので、
自分は自分らしく、

そこができたら、
人がその人らしく、
生きることを寛容に見守れたら、
穏やかな世の中になるのでしょうかね。

明日も、
自分らしく生きて、
それが人の喜びにつながったらいいよね^^


2015-11-14 23:22:13 0 Comments

明日はね、
石岡のエステ店さんでのイベントになりますので、
通常のセッションはお休みになります^^

朝から、
4車線の道路から、
店舗駐車場へバックで車庫入れする、
難易度の高いお仕事になります。
(なんの話だ・笑)

最近は、
ちらほらと、
「お食事会」の予定とか、
出していますけれど、

今後は、
バリエーション増やして、
開催してゆく思いもあります。

神参りの仕方とか、
レイキに興味ある人むけのものとか、
レイキの伝授を受けている人むけのものとか、
いろいろですが。

これからの時期は、
イベントが多くなるので、
予定が組みにくいところもありますが、
考えてお知らせしますね。

それにしても、
フランスは大変なことが起きましたね。

アメリカがイラクに介入して、
フセインを排除しましたが、
結局は中東の秩序が更におかしくなったような…

力では、
平和は得られないのだね。

皆様の週末が、
調和に満ちたものでありますように^^


2015-11-11 01:06:04 0 Comments

お勤めの方は、
「健康診断」って、
定期的にするのでしょうけど。

自営業ですとね、
なかなかおろそかになることの一つですね。

私もしばらくやっておりません。
私の場合は、
お医者にいかないのもありますが(汗)
たぶん、ここ10年は検査やっていないね(笑)

でも、先日、
生命保険の何とやらで、
簡易検査で、
血液検査をしました。

面接士さんが来て、
検査キット渡されて、
自分で血液取るやつね。

結果、
血糖が150あるって、
糖尿病が落ち着いたウチの父親でさえ、
110くらいというからね。
母親がびっくりしたみたいですが。

ってか、
血液取ったのご飯食べて丁度2時間くらいでしたから、
その時間帯が一番血糖値が高くなるそうです。

そういうこと、
教えてくれれば良かったのだけど、
知らずに、
どんぴしゃ食後2時間で血液取りましたから(笑)

知り合いのお医者に行って経緯を離したら、
「食後2時間で採血って…そりゃ高く出るよ」と、
笑われながら。

ヘモグロビンというやつが、
5.2なので、
そもそも正常だね。と、
再び簡易検査器みたいなやつで、
血糖を計ると、
85でした(笑)

正常でした。

しかし、
身体って、
いろんな機能をしているんですね〜と、
感心ひとしきり。

検査とか、
たまにしたほうが良いんですかね。

MRIとかの、
電磁波の方が恐ろしいと、
思ってしまうので、
なかなか気が進まないけど。

熱も計らないくらいでね(笑)

「熱がある!」ってわかって、

どうするの??

とか、
屁理屈ですね(笑)

私の場合は、
よっぽどの感じでなければ、
ほうっておきます。

よっぽどのときは、
レメディを使ったり、
自己ヒーリングしたり、
瞑想したり(笑)

人が熱っぽそうだったら、
「大丈夫??」とか、
言いますけどね(笑)

身体にね、
毒素って溜まるでしょう?

それってね、
膿のようなカタチになるんですね。

それを体外に出すためには、
いろんな方法があるんだけど、
一つはね「微熱が続く」って、
いう症状なんです。

体温上げないと、
膿が血液に溶けないものだから、
血液に溶かして、
出せるところから、
体外に出すんだね^^

膿が溶けた血液は、
しばらく身体を巡っているから、
その間、身体がだるくなりますよ。

以前ね、
そういう状態の時に、
血液抜いたら早く良くなるのか?
献血に行って実験してみました。

そしたら、
更に具合悪くなった(笑)

献血はね、
身体の上の方の、
きれいな血を抜くんだね。
きっと。

そういう目的で行くこと自体、
失礼なことですので、
二度としません。

話しがそれたけど、
ホリスティック療法って、
身体のバランスで治してゆく自然療法って、
忍耐強く、身体の倦怠感とのつきあいが、
求められます。

身体は自分の奴隷ではなくて、
大切なパートナーであるっていうこと。

自然療法の場合は、
ヒーリングなんかでもあることですが、
病気と逆の経路で回復します。

正常→倦怠感→痛くなる→病気

だから、
良くなる時は、

病気→痛くなる→倦怠感→正常

みたいな。

ヒーリングの後、
だるくなるような感覚する場合あるでしょ?
個人差もあるし、
なるべくそうならないように、
やっているんだけどね。

身体を大切にしましょうね^^


2015-11-09 00:11:36 0 Comments

リアルタイムな内容ではありませんが。

先日、皇太神宮へお参りして参りました。
毎度感覚的ですが、

何か、
目に見えるところ、目に見えないところ、
気づくところ、気づかぬところ、
違いはあるものの、
個々人、状況が変化してゆくようです。

ある人にとっては進化であり、
ある人にとっては変化をせまられるようであり。

赤池白龍大神さまの祠では、
「過去の憎しみや恨みの感情を手放せ」
その様な感覚もしました。

事実は、
「自分が見て聞いた」通りではないかも知れない。
「自分の見聞にこだわらぬこと」

白龍さまの祠では、
関連してそのようなことも感じました。

小さな出来事ですが、
外応的な出来事から感じることあり。

駐車場に上がって行く、
細いスロープの丁度タイヤが通るわだちのところに、
体格の良いカマキリがいました。

私がクルマを停めるのに、
そこを通ったワケで、
道幅がないからタイヤが通る場所はズレないのだけど、
よく轢かれなかったものだと思いました。

ただ、
ずっとそこにいたら時間の問題ですから、
捕まえて、数メーター離れた草むらの中へ放す。

2、30分お参りをしていて、
駐車場に戻ったら、
また同じところに戻っていた(笑)

きっと飛んだのでしょうけど、
よっぽどそこが良いのかね??

また捕まえたら、
今度は戦闘モードであばれる。

とりあえず捕まえて、
脇の草むらに放して。
その後は戻ったのかわかりません。

最後まで、
怒って身体をそらせていました。

現象から解釈するならば、

現状うまく行っていても、
現状うまく行っていなくても、
現状に執着やこだわり持たぬ方がよい。

変えるべき流れなら、
逆らわず、変化の意義を考えて、
変化の流れに乗った方がよい。

現状にこだわっていると、
淘汰されてしまうかも知れない。

神宮にいたカマキリを通して、
外応的なメッセージの解釈は、
こんな感じでしょうか。

明日からも、
良い日々をお過ごしください。


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2015 年 11月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

カテゴリ


アーカイブ



△ページトップへ

水戸の占いは星乃光:トップへ