水戸 ひたちなかにある占い レイキは星乃光にすべてお任せ

2016/12:星乃光のブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2016-12-31 20:54:01 0 Comments

今年もお世話になりましたm(_ _)m
一年間、たくさんの方々にお会いできて感謝です。

私的には、
今年は今までの集大成のような内容にも出会って、

「人のつながり」を通して、
大きく物事が運ばれた一年でありました。

昔からの私を知っている方は、
「占い」や、
「ヒーリング」だけでなく、

「勾玉セラピー」とか、

なんか、
「内容が変わったようだけど大丈夫?」みたいな、
「なんかの宗教ですか?」みたいな、

ご心配を頂いたこともありました。

その点はご心配なく(笑)

「勾玉セラピー」、

「なりたい自分になってゆく」

そのためのもの…というところです。

14年間、
さんざん「運命学」の世界にいましたが、

「人類の集合意識」のレベルが上がっている今日、

旧態依然たる「運命学」は、
今後、機能しなくなってゆくのではないか?と、
思っています。

いや、
もちろん「運命学の集合意識」につながって、
その世界の中で、
人生をデザインして生きてゆくこともできるのでしょう。

しかし、
そろそろ気づき始めている人たちは、
いらっしゃるはず。

人類は、

「運命の被害者」にならなくてよいことを。

日本古来の神話「古事記」は、

「あなたがた一人一人に神性が宿っている」ことを、

教えてくれています。

神性を持つ存在は、

「創造性」を、

もっています。
つまり、

「あなた自身の人生を運命のワクを超えて創造的に生きること」

それが可能な時代なのです。

過去に占いなどで良くない暗示を言われたとしてもそれは、

「過去のカルマの統計論」です。

今年の5月以降、
その時代の入れ替わりがいよいよ加速しているように思います。

「勾玉セラピー」も、

マスターするために始めは人の指導が必要ですが、
自分で自分のことをケアして、
創造してゆくものです。

今年は、
そんな流れが加速した一年に思えます。

来年は、
どんな一年になるでしょうね^^

世界は、
ますます混迷に入るでしょうが。

中国政府が危険ですから、
アメリカ大統領は強権派のトランプ氏が、
当選しました。

これも時代的に必要なのですね。

来年は、
私自身も移動が増えるかもしれません。

ともに良い一年になりますように、
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ^^


2016-12-27 20:37:35 0 Comments

今年もあとわずかですね^^
思えば、4回目の年男(生まれ年はカウントするのかな?)でした。

先日は、パーティーに参加してまいりました。
あまりこういう機会はないのだけど。



珍しく和装です(笑)

勾玉セラピーの一周年パーティーが、
12月23日の天皇誕生日にありました。

全国から90名近いセラピスト&認定講師が集まり、
私も色んな方とお話できていろいろ勉強になりました^^

ほんとにね、
勾玉セラピーで、
人生にたくさんミラクルを起こしてきた人に、
生で会って聞く話は、
伝わってくるものがあります。

勾玉セラピーは、

「なりたい自分になる」

その方向に潜在意識が向いているか、
チェックして、
設定すらできるものです。

会場では、
ツインソウルのカップルも何組かいらっしゃっていて、

「私はツインソウルに出会える」

という設定をされて、
出会っていった方も多かったようです。

ただ、
ツインソウルっていうのは、
お互いが霊的に自立して、

「機が熟した」

タイミングで出会ってゆくから、
勾玉セラピーでいろんな夢はかなっているのに、

「なぜツインソウルの願いはかなわないんだろう??」

とか、
思っていたみたいですね。

恋人とか、
夫婦とかのレベルでなく、

ツインですから。

二人の霊的成長が整った段階でないと、
正しく出会えないのですね。

理屈ではわかってる話ですが、
実体験聞くと、

「やっぱりそうなんだね〜」と、

思います^^

来年も、
皆さんによき出会いがたくさんありますように^^


2016-12-21 02:14:12 0 Comments

先日、
母親が勾玉セラピーを受けに来まして、
勾玉セラピーは二回目ですけどね。

ちなみに、
知っている人は知っていると思うけど、
うちの母親はもうすぐ81歳ですが、
現役の生命保険の外交員で、
毎日100〜200キロは、
クルマで走っている人です。

お客様が多いということなのか、
その年齢でも辞めずに、
毎日仕事に出ています。

セラピー受けに来て、
いうわけです。

「今年の国際メンバー(保険屋さんのタイトル)には入れないかも…」
「締め切りまで一週間ないけどあと5件しないと…」

とか、
言ってるわけです。

「じゃー、勾玉セラピーで潜在意識に聞いてみよか〜」って、

やってみたら、
潜在意識ではめっちゃ「それはできる」って、
言ってる感じなんですね(笑)

意識の部分、
顕在意識では、
「日にちもあてもないし無理」って、
思っているワケです。

でも、
具現化するのは「潜在意識」のあり方ですから、

この場合、
潜在意識は「YES」を出しているから、

「あれ?達成できるみたいよ」って、

言っておきました^^

それから数日、
今日になってふと母親に電話しまして、

「そういえば例のタイトルどうした?」と聞いたら、

「なんか、あれから簡単に達成しちゃった」と(笑)

よかった^^

いままで27年連続で達成していて、
今回で28年目だそうです。

他に、
セラピーをやるテーマとして、

「私は自分を許し愛している」と、

体調が今一つとのことで、
「私は疲れている」で、

潜在意識に問いかけをしました。

「自分を許し愛している」は、

「自己承認」って言われるテーマですが、
親の年代であっても、
かなりの割合で潜在意識が受け入れていない方が多いです。

私の母も潜在意識が受け入れてなかった。
前回のセラピーから10日くらいしか経っていないのだけれど。

「思いグセ」っていうくらいだから、
戻ってしまうこともあるんですね。

だから、
「自己承認」を潜在意識に入れなおしてOK。

「自己承認」が入ってないと、
つらいことばっかり起きるんです。


たびたび母がセッション受けに来ますので、
周囲からは「お母さんと仲がいいね」と、
言われますが、

年齢を考えたら、
あとどれだけの時間を共有できるかわからないからね。

魂は転生すると言っても、
来世会うかわからないし、
今世は今回限りだからね。

父親は85歳になりまして、
昔は仕事ばっかりで、
家でも母と仕事の話ばっかりで、
私が10代の頃は、
海外に送電線をひくために、
ほとんど家にいなかったので、
私が30代になっても、
父親との付き合い方がわからなかった。

昔は、
私が「人は何のために生きるのか??」という、
強い疑問を持っても、
それに答えをくれない親への不満もありました。

今思えばね、
そんな質問を子供からされても、
自分でもよくわからないのに、
困っていたでしょうね。

10年くらい前は、父親、母親同士が、
だいぶ仲が険悪な時代もありました。
私がうちにいられないくらいに。

今は年取って父親も、
ま〜るくなりまして、
デイサービスの食堂で、
たくさんご飯を食べている父の姿を、
外のガラス越しにニコニコしながら、
ながめている母の姿をみて、

「この二人から生まれてよかったな〜」なんて、

思ったものでした。

母のように、
生涯現役で活躍するのは、
自分の目標ですね^^

父方の祖父も、
70代の頃、
週一回くらいかな?
日体大に講義に行くために、
名古屋から新幹線で、
東京に通っていましたね。

勾玉を使って、
自分の限界点の条件付けを外したら、
きっと可能だと思います。


さてー、
イベントページは、
ちょいちょい更新しますので、
たびたびみて頂ければ幸いです。

1月1日は、
皇祖皇太神宮の、
元旦祭とランチ会にしましたよ。

お正月から、
どうかわかりませんが^^

あと、
1月31日には、
東京の「預言カフェ」ツアー、
やります。

また随時お知らせしますね。


2016-12-17 13:43:37 0 Comments

以前、
仕事にゆく通り道のコンビニに、
ちょくちょく寄っていたのだけど、

そこのオーナーさんは、
「ああ、この人はあったかい人なんだろうな〜」って、
感覚があって、

いや、べつに、
特に話したわけではないし、
その人自身も、
愛想が良いわけではないんです。

愛想はないんだけど、
切手なんか買いますと、
「貼りますか?」なんて、
さりげないことを、
普通にされる方なんです。

その店舗もだいぶ古くなっていて、
そろそろ建て替えるか、
契約を終了するかなんだろな〜と、
思っていましたが、

しばらくして、
閉店されていました。

それからしばらくして、
まったく違う場所で、
まだ新しいコンビニに入ったら、
そちらのオーナーさんをされていました。

オーラは、
昔のままでしたが。

本来は、
こういう温かい感じの人こそ、
しあわせになってゆかれたらよいのだけど、

そうではないことって、
ままありませんか??

あの人は、
性格もよさそうだし、
誠実な感じなのに、
なんで目が出ないというか、
あんなままなんだろう??って。

先のオーナーさんの例なら、
もちろんコンビニの経営が悪いわけではないけど、

お持ちになっている人格、霊格と、
おやりになっていることが合っていない。

ご自分を追い込むように、
新たな借り入れをして、
長期の契約をされて、

さらに何かを背負ってゆく、
そんな性質があるのだな〜とか、

日常生活をしながら、
休みの日でも、
こんなことばっかり、
見えるんですよね(笑)

人のことなんですけど、
「はあ〜」って、
思うことも多いです。

あのお年だから、
人生の大半の時間を、
そのように使って、
生涯を終わってゆかれるんだな…と。

あの方は、
個人経営の飲食店とかの方が、
向いていると思うけど、

いきなりこんな話もできませんから、
ご縁はたまにくるお客として、
細く長くつながりながら、
機会があれば…にするしかないです。

さて、
性格も、
人格も霊格もよさそうなのに、
なぜしあわせにつながる選択ができないのか??

これはやはり、

「潜在意識」に、
「否定的な条件付け」が、

あるからです。

例えば、
子供のころからの体験で、

「頑張って認められた」

みたいな体験が多いと、

「頑張ってこそ幸せになれる」

そんな条件付けが、
潜在意識にできています。

怖いのは、
潜在意識にあることは、
ほぼほぼ意識で自覚していないんです。

実は、
現実で「引き寄せ」を行うのは、
「潜在意識」の、
なせる業です。

だから、
「頑張ってこそ幸せになれる」って、

潜在意識に条件付けがあったら、
ちゃんと、

「頑張らなきゃ認められない状況」を、

引き寄せてゆきます。

つまり、

「頑張らせる人」、
「頑張らなきゃいけない環境」を、

自分から縁してゆきます。

結果、

「なんで私ばっかり…」なんてことになって、
「世の中に神様なんていないんだわ…」とか、

つい思ってしまいますが、
自分の潜在意識の設定が間違っている以上、
神様のせいではないです。

自分という存在に対して、
自由意思で生きることを承認してた部分のみ、
神様の責任ですから。

キャンバスに、
自分がどう線を引くか、
それは自由ですし、

直線を引いても、
曲線を引いても、
ペジエ曲線を引いても、

神様は、
「ああ、そう」って。

それだけ(笑)

潜在意識は、
自覚していない領域ですから、

「うまくゆかない原因が自覚できない」

そういうことになります。

かくいう私も、
つい3年前くらいまでは、
よくわかっていない領域でした。

でも、
自分自身の体験をもって、
このことが良く理解できましたよ^^

皆さんとお会いした機会などに、
そういうお話もできたらよいね^^


2016-12-01 22:36:58 0 Comments

新しい月を迎えましたね^^

いつもなら、
皇祖皇太神宮の月次祭に参加しますが、
今日は企業イベントのため、
月次祭はお休みしました。

なので音魂は、
彩弥加さんからの話をお伝えしますね。

男神さま、女神さまの音魂は、
共に大きな音魂でした。

男神さまは、
安定した音魂で、
ながく続いて最後がスッと抜けるような音魂でした。

男神さまは、
「社会や経済面」を表すので、

管長さんの総括としては、

「おおむね好調であるが、違和感を覚えるときは手を引くこと。執着しないこと」

とおっしゃっていたようです。

女神さまは、
音魂が1オクターブ高く、
びりびりと響くような音魂でした。

女神さまは、
「物事がカタチに成る」
という意味合いもありますので、

「いままでのものが噴き出す」
「良い実りとして出る場合もあるし、努力が足りない場合は課題として出るかもしれない」

管長さんは総括で、
そのようなお話をされたそうです。


個人的に付け加えるなら、
「地震に注意」という感じもあります。

被害は大きくはないかもしれないけれど、
念のため、用心しましょうねー^^


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2016 年 12月 »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ


アーカイブ



△ページトップへ

水戸の占いは星乃光:トップへ