水戸 ひたちなかにある占い レイキは星乃光にすべてお任せ

2017/05:星乃光のブログ

1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2017-05-31 21:12:39 0 Comments

イベントページ更新しました!

スピリチュアル飲み会などもUPされています^^

気になる方はごらんください。


2017-05-27 22:34:00 0 Comments

22〜25日まで、
皇居の勤労奉仕団に参加し、

天皇皇后両陛下、皇太子殿下にお会いしてきました。

今回は、
勾玉セラピースクール団として、

勾玉セラピーを創設した、
伊藤直美さんを団長として、
勤労奉仕団を組み、
行って参りました。

一日目、
この日は奉仕のみの予定でしたが、
偶然のタイミングで、
皇居内を移動される皇后さまにお会いしました。

全体で、
エリアを移動しようとしていたところ、
皇宮警察の方から待つように指示があり、

数分後に、
二台のトヨタセンチュリーが近づいてきて、
私たちの近くでスーッと徐行、
後部の窓があき、
美智子様がご挨拶をしてくださいました。

上品で、
慈愛に満ちたオーラをされていました。

二日目は、
天皇皇后両陛下に、
お会いする予定の日でした。

お会いする建物は、
鉄筋の一階建てで、
そんなに広さはありません。

なので、
両陛下がとても近いのです。

始めに危険物検査を受けて、
部屋の壁側に団体ごとに4列に並び、
両陛下を待ちます。

二台のトヨタセンチュリーが、
建物入り口に横付けされ、
(皇居内で両陛下の乗られるセンチュリーは、
ナンバーが88−00です^^)

両陛下が車を降りられて、
一礼してお部屋に入ってみえます。

一団体ごとに、
前に立たれて一礼され、

「どんな活動をなさっているのですか?」と、

お聞きになります。

勾玉セラピースクールは、
団長の直美さんが、

「神話や神道や満州事変からはじまる真実の歴史から和の精神を学び広めています。

そして
8色の16個の勾玉を使って色彩心理学で潜在意識の状態を読み取り

潜在意識に働きかけ

健全な自尊心と誇りを取り戻すことにより
こころの岩戸開きをするセラピーです。

皇紀2677年続くいのちの縦糸を結ぶことが
世界の平和という横糸も繋ぐことになると考え活動しております」


という内容の説明をされました^^

勾玉セラピストは、
みんなお手製の勾玉ペンダントを付けていたのですが、
直美さんや、私や、何名かの方は、

菊花紋章入りの、
勾玉ペンダントをしていたのですが、

美智子様は目を丸くして、
じっとペンダントトップをみていらっしゃいました。

両陛下は、
直美さんが説明しているときに、
「ありがとう」「ありがとう」と、
言ってらしたようなのですが、

私は陛下との距離は2メートルくらいでしたが、
言葉としてはよく聞き取れませんでした。

上記の内容の説明をされた時に、
一瞬間があきました。

私的には、

潜在意識とか、
陛下がわからない言葉も入っていて、
なにか、頑張っていらっしゃるようだが、
どう言葉を返したらよいものか??

そう陛下が思われたように感じました。

そしたらすかさず美智子さまが、

「昨日もみなさんお会いしましたね?」

と、おっしゃいました。

その美智子さまの一言で、

「フーッ」とも、
「うふふっ」ともつかない笑いが起きて、

また、
「私たちを覚えていてくださったんだ」という、
感激がおきて、

一瞬あいた間と、
陛下を前にした全体の緊張感の空気が、
一瞬でなごみました。

美智子さまが、
「昨日もお会いしましたね?」とおっしゃったので、

陛下が美智子さまの方を向かれて、

「どこで?」

と聞かれました。

それでまたさらに空気が和みました。

その時の陛下は、
なんともかわいらしく見えたのです。

きっと両陛下の、
普段のやり取りは、
こんな感じなのでしょうね^^

美智子さまは、
前日に私たちがいた、

「〇〇庭園のところですよ」
(名前を忘れてしまった)

とお答えになり、
美智子はさらに私たちに、

「何をなさっていたのですか?」

とお聞きになられました。

その時は外国の国賓が来られた時に飾る、
2メートル近くもある盆栽をみせて頂いていましたので、

「盆栽をみせて頂いていました」と答えましたら、

陛下は、

「ああ、そう」と、

お答えになられました^^

昭和天皇もですが、
今上天皇もよく、

「ああ、そう」と、

おっしゃいますね^^

そんな和やかなやり取りが続いて、

陛下は最後に、

「皆さんお元気でね」

とおっしゃり、
次の団へのご挨拶に向かわれました。

建物を出られてお車に乗られました。

両陛下とお会いした建物は、
周囲に窓がある建物ですが、

両陛下をお乗せになったお車は、
建物を半周周回するように回られて帰られるのですが、

お車の窓をあけて、
両陛下は見えなくなるまで、
ずっと手を振ってくださっていました。


そんなお会釈でした。
(宮内庁用語で、陛下が非公式に面会してくださることを「お会釈」といいます)

また、
別の日には、
宮内庁の方がこんなお話をしてくれました。

最近、
皇居には日中タヌキが出没するらしく。

そうすると、
専門家が派遣されて、
どんなものを食べて生活しているのかを、
調べて両陛下にご報告されるそうです。

調査の結果、
皇居のタヌキは、
地面に落ちた銀杏の実などを食べているらしい。
とのことでした。

皇居内では、
両陛下が徒歩で移動される道があるのですが、
そこにも銀杏の実が落ちています。

「タヌキが銀杏の実を食べている」報告を受けた両陛下は、

(通常は両陛下が歩かれる道なので綺麗に掃除がされる)

「銀杏の実は掃除せずそのままにしておいてください。私たちが別の道を通りますから」と、

おっしゃったそうです。

まさに、
国民だけでなく、
生きとし生けるものすべてを、
愛していらっしゃるのだな〜と思いました^^


そのような、
あたたかい心を持たれた、
国の中心者の、
祈りに支えられているのが日本です^^


2017-05-23 23:48:08 0 Comments

今日は朝、
皇居内の待機所入り口に、
燐としたお客様が…

皇宮警察の騎馬隊のお馬さんが一頭立ち寄ってくれました(^^)

動物って目が綺麗ですが、
お馬さんってまた格別に目が綺麗でかわいいですね。

正面から頭と鼻をなでていたら、
だいぶ好かれたのか、

お馬さん、
頭を私の胸の方にくっつけてきて、
お馬さんの頭をハグするような状況になってしまった(笑)

午前、午後のご奉仕のあと、
3時半〜天皇皇后両陛下にお会いしました。

両陛下、
本当に素敵なご夫婦でした。

クルマが着いて、
ドアが開いたら、
まず美智子さまが降りられるのですが、
降りられてから少し下がられて待機、
続いて降りられる天皇陛下を待たれると共に、

陛下が降りられる時は、
美智子さまも陛下に頭を下げられていました。

陛下も、
美智子さまも、
お話しの仕方はテレビなどで拝見する通りですが、
本当に穏やかなお話し方をされます。

陛下が、
お話しに詰まるようなことがあると、
美智子さまが話題を変えられて、
機転が素晴らしいです。

お帰りは、
おクルマの窓を開けられて、
私たちが見えなくなるまで両陛下は手を振られていました(*^^*)

このような暖かい中心者の、
祈りに支えられた国に住めるなんて、
幸せですね(*^^*)

明日は皇太子殿下にお会いします。


2017-05-22 22:30:50 0 Comments

皇居勤労奉仕始まりました(^^)

勤労奉仕は普通入れない御所(陛下のお住まい)間近でもお勤めをさせていただきます。
暑い日中でしたけど、太陽にまるーく虹がかかっていて。

何かありそうだなーと思っていたら
移動中、皇宮警察の方に「ちょっとそのまま待機してください」と言われ。

しばらく待っていたら皇居内を移動される美智子さまが通られました。
「みなさん(ご奉仕)ありがとうございます」と言ってくださいました。

今日はお会い出来る予定ではなかったのですが。
存在感と気品、滲み出る慈愛…
陛下をお支えになる、日本国の母…という感じでした。

明日は両陛下に、
明後日は皇太子殿下に、
お会いする機会を頂いています。

普段あまり聞く機会のない、
以前、美智子さまがお話しされた言葉です。

以下引用

美智子皇后陛下の言葉

ー生きることの悲しみー

『生きている、そのことの存在

自体に付随する悲しみがある。

そしてそのような一人一人の

悲しみはお互いに簡単に癒され

るものではない。

むしろ、一人一人がそのような

悲しみを背負っていることを、

互いに認め合う、

それが大切なのではないでしょ

うか。

人にはお互いに他人の中に

入っていってはいけない、

むしろいくべきでない領分と

いうものがあるのではないでし

ょうか。

しかしそれぞれに悲しみを背負

っているのです。』

『人は互いに独立した存在で

あり、だからこそ、

その人の存在の価値があり、

そして他人はその人の心の中、

悲しみに入り込んでいくことは

できません。

しかし、お互いが悲しみを背負

った存在であること、

それをいつも思いやることが

大切です。』



以上

暑いですが、皆さんも体調に気をつけてお過ごしください(o^^o)


2017-05-04 23:38:52 0 Comments

前回のブログでは、
世界情勢は一進一退…
みたいに書きましたが、

首都直下地震のエネルギーが、
やや収まりつつあると思ったら、
今度は北〇鮮の情勢が怪しくなったり、

まるでモグラたたきのようです^^;

アメリカも示威行為的に、
ミサイル実験などやっていますが、
いい加減にしないと、

北〇鮮のミサイル実験はいけないが、
アメリカのミサイル実験は構わない…

という変な理屈になります。


私は22〜25日は、
皇居勤労奉仕団参加のため、
日中16時までは連絡受けにくくなります。

天皇皇后両陛下に、
お会いする機会を頂きましたので、
行って来ます。


さて、
個性数秘や、
勾玉セラピーの質問もよく頂きます。

私は、
数秘術は今までも数種類学んできました。

オーラソーマの数秘や、
インド数霊術、
何か忘れてしまったけど外国のやつ。

など。

何か、
「それなりに思いあたる」ってくらいの、
印象のものが多かったけれど、

「個性数秘学」は、

なかなか面白いです^^

誕生日からね、

・宿命数
・誕生数
・潜在数
・使命数
・守護数

という5つの数字を割り出して、
自分自身を色んなレベルで、
整理してくれます。

自分がどんな「思考」「感情」「行動」の、
パターンを取るのか?

この組み合わせは、
1200あまりのパターンになりますので、
人と自分の違いがあることがよくわかる。

「あの人はなんでああなんだろう??」ってのも、

数秘でみるとよくわかったり(笑)

自分と人の違いを認められて、
楽になったり、

そうではなくて、

「自分の使命はなんだろうか??」

って。
それでもいいんです。

個性数秘学は、
何をとらえるか?
自由だし、
知っても選択は自分次第なんです。

人生も後半に入りますとね、
エネルギーのロスってしたくないんですね(笑)

そう考えたときに、
個性数秘学には、

・使命数
・守護数

って、
「自分の命を何に使うのか??」って、

ヒントがあるんですね。

私の場合では、

・使命数8
・守護数9

なので、
簡単に言うと、

自分を許し愛する
精神的なサポート
精神的成長を促す

ことを自他にしながら、

エネルギーの流れをつくる
不可能を可能へと導く

使命があることになります。

その方法は、
宿命数や誕生数で私が持っている、
「5」の資質である、

「一対多人数のコミュニケーション」

となり、
エネルギーの使い方が整理されます。

講座を整理再編したのは、
このあたりの理由もあります。

そして、
個性数秘学での、
未来設定も出来るのですが、

そこは、
勾玉セラピーの方を活用してもよい^^

勾玉セラピーは、
簡単に、楽しく、安全に、

潜在意識を、

「なりたい自分」に、

設定できるものですが、

「一体??どこに向かう自分に設定するのか??」という、

前提問題はありました。

だから、
両方組み合わせて使えたら、
とても良いでしょうね。

自分の使命数に基づいて、
未来設定できるのだから^^

他の人を鑑定したい人も良いでしょうし、
自分や家族を知りたいという人にも良いでしょうね。


私的には、
「講座をやる側としてどれが一番楽しいですか?」って、

聞かれたらそれは、

「スピリチュアル講座」

なんです(笑)

スピリチュアル講座の内容で、

「自分の魂が通ってきた転生の歴史」

を知って、
個性数秘学で使命数などを見てゆくと、
感慨深いものがありますよ^^

個性数秘学、勾玉セラピーを受講された方は、

「スピリチュアル講座」(1日コースのもの限定)の特典があります。

m-hossi-@nifty.com まで、

何かありましたら、
お問合せくださいませ^^


2017-05-04 00:43:30 0 Comments

世の中は、
連休真っ只中ですね^^

皆さんは、
いろいろお出かけでしょうか?

おしらせですが、
携帯のメールアドレス変わりました。

連絡メール送っていますが、
一部届かない方もいるようです。

変更後のアドレスが必要で、
まだ届いていない!という方は、
ショートメールくださいませ。

先日お知らせしました、
ラインは使えるようになりました。
その他、パソコンのメールもOKですので、
そちらからでもOKです。


さて、
月次祭です。
今月の鳴動神事では、

男神さまの鳴動は、
音量は小さいながらも長く続く音魂で、

女神さまの鳴動は、
鳴り始めはほんのかすかな音量で、
途中から「ボン」と音量が増した音魂でした。

音魂の印象としては、

新しく始めることは、
物事が遅々として進まなくても、
粘り強く継続が必要。

成就するにはタイミングも必要。
好機を逃さないこと。

おおむねそのような感覚を受けました。


世界情勢も、
一進一退の状態ですね。

世界情勢は、
一つの懸案事項が収まると、
別の懸案事項が出現する…
みたいな。

予断を許さない感じはあります。

むしろ日本や世界の正念場は、
2018年かもしれません。

今年の内容が、
来年の流れにもなりますから、

1日1日を貴重に、
自分も大切に過ごしましょう^^


1 / 1 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2017 年 05月 »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

カテゴリ


アーカイブ



△ページトップへ

水戸の占いは星乃光:トップへ