水戸 ひたちなかにある占い レイキは星乃光にすべてお任せ

2018/10:星乃光のブログ

1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

2018-10-31 00:40:20 0 Comments

10月も終わりますね^^
こればっかりですが(笑)

父親についてはね、事故で入院のこの三週間で、

「もう危ないです」と言われたことが、

三回ありました。

(ちなみに、あまり私に心配ご無用です(笑)
この仕事は「お役目」としてとらえていますが、
「お役目」である以上、天は容赦がないのですね(笑)
自分のこと考えてられないような案件がどんどん入って参ります^^;

でも、その危機も、
その都度乗り越えてきました。

病院からも、
緊急の呼び出しがあったり(汗)

そのたびに、
「うちの父親はそんなにサプライズ好きな人だっけ?」
と思いましたが(笑)

危ない状態になったとき、
最終決断をするのが私になっているからね。

私には兄貴がいるのだけど、
神奈川にいるのもあってか??

私は次男だけれども、
占い的に、
「長男の星」「墓守りの星」をもっているから、
どうしてもそうなるのは定めのようだね^^;

エジプト占星術でみても私の守護神は「オシリス」
「死と再生」に関係する神です。

マヤの占いでも同じような、
「死と再生をつかさどる」生まれのようです。

だから、
ヒーリングや、
セラピーの世界にゆくのかも知れないね。

エネルギー的に、
瀕死のような状態で見える方もいますが、
しっかりとバランスを復活させて整えさせていただく。

セラピストでもいろんなタイプの方がいらっしゃるけど、
私はなんか病院に例えるなら、

「救急外来」だなぁ〜と、

思うことがあります(笑)

「救急救霊士講座」とか、
作ろうかな??と思う昨今です(笑)

「死と再生」ってのはね、
本当に人の生死にかかわることもあります。

古いお客様は、
私には以前、男の子がいたのを知っているかも知れないけれど、
重い心臓病が生まれつき持病であって、ヤマ場の難しい手術を乗り切ることができなかった。

手術室から出た彼は機械やらパイプやらいっぱいついていたけど、
かなりの時間が経って医師から、

「もうこれ以上は見込めません。いかがしますか?」

と言われたので、

「わかりました。では止めます」

と返答しました。
そしたら、実際止める前に彼はさっさと、
虹色の橋を渡って行ってしまいました^^;

だからね、
彼の名前の一部をとって、
私のセラピスト名の「光」にしました。

これくらいしか、
彼を生かし続けてあげることもできないからね^^;

お客様から、
なんで名前が「光」なんですか〜??
とか聞かれることがあるけど、
こんなワケだから、
あんまり話したことがなかったね^^;

ただ、
「その名前ももういんじゃね?」と、
彼の意見もたまに聞こえたり(笑)

私もたまに「もういいかな」って、
思うこともあります。

話が飛んだけど、
魂の世界を知る者の定めと言うか、
今度は父親を送るようなことになるのかしら??
と、やれやれと思ったり(汗)

先日の言葉、

「おとうさんありがとう。わたしはあなたの息子でよかった」

これは伝えておかないと…って思ったのだけど、
ちょっと怖い部分もありました。

この言葉を伝えたら本当に父は、
「虹色の橋を渡って逝ってしまうのではないか??」って、
思えたからです。

そうすると、
事故のその時に運転をしていた母は、
つらくなるだろうな…とおもったり。

ただ幸いに、
母は「神様と魂の世界の話」が、
直接話せる人なので、

このカルマの話や、魂の世界の話、
命の長さは本人が決めた宿命であることなど…

この期間にいろいろ話せたし、
本人も信仰をもっているから、
出来事に対して前向きにとらえられているので良かった。

父は集中治療室にいて、
面会に行くと看護師さんがついてくれたりで、
一対一になる機会が少ないのだけれど、
先日一対一になったので、
言葉を伝えてきました。

魂レベルでいうならば、
想いで意志は伝わっているはずだけど、

意識があるうちに、
言葉でも伝えておきたかったのでした^^

「おとうさんありがとう。わたしはあなたの息子でよかった」

人工呼吸器がついているので言葉は出ませんが、
手をしっかり握り返してくれました。

そして、
頑張って元気になろうとしています^^

母はと言えば、
おかげさまで先日退院しました。
自分のことは手を貸さなくても自分でできるくらいになっています。
勝手に着替えてシャワー浴びてたり(笑)

これで本当の意味で、
カルマも消えてゆくのかしらね^^

今世でもう子供を持つことはないだろうし、
こうやって家系的なカルマは消えてゆくのだな〜と、
宇宙の摂理に妙に感心しています(笑)


2018-10-28 22:59:00 0 Comments

きよ子先生の対面リーディング11月、
ご予約受付中です!^^
ご予約はこちらから

ご報告が遅くなったけど、
23日の然々さんのイベントでは沢山の方のご来場ありがとうございました!

ちょうどよくまんべんなく混む感じで、
ランガルさんのインドカレーランチも絶品で、
皆さんに喜んで頂けました^^

次回開催は未定ですが、
やるかどうかわかりませんが(笑)

皆さんが、
心から楽しんでもらえそうならやるかな…


さて、前回の記事の通りで、先日の私の両親の件では、
お気遣いくださった皆様ありがとうございました^^
今までで一番長く感じた10月だったかも知れません。

母はだいぶ良くなったものの、父は一進一退の状態ではありますが、
元気になろうと頑張っております。


さて、
前回の記事で、

「おとうさんありがとう。わたしはあなたの息子でよかった」

という、
何とも不思議な感情が湧き出してきた…
という話をしましたが、

ふとそれを思い出して、
きよ子先生の鑑定を受けてみました。

というか、
一か月以上前に今回の対面鑑定を予約していました。

その湧き出した思いを考えると、
事故が既に決まっていたことのようにも思えたからです。


きよ子先生にそのキーワードの意味をリーディングしてもらいました。
そうしたら、

「おとうさん、ありがとう。私はあなたの息子で良かった」

というフレーズは、
ほしのの家系では父と息子の間で代々交わされることがなかった言葉だということでした。
妙に納得しました。

確かに父方の家系は、家系的に父親と男性の子供の関係が難しい人が多かったかも知れない。
その家系的なカルマが9月の終わりころやっと解けたようです。

なので「おとうさん、ありがとう。私はあなたの息子で良かった」というフレーズは、
私個人だけのモノだけではなく、ほしのの男性のご先祖達の思いでもあったようです。

カルマが晴れたり、因縁が切れるときっていろんなことが起こりやすいのですね。
なので、結界を強化しようと思いました。

それは近いうちに…
皆さんには直接は関係ないことかもしれませんが^^;


最近は、
「占い師・セラピストになりたい」というお問合せがちらほらあって、

なので、
「占い」「スクール」的なメニューをわかりやすく整理しようかな〜と、
思っている昨今です^^


2018-10-16 00:35:23 0 Comments

きよ子先生の対面リーディング11月、
ご予約受付中です!^^
ご予約はこちらから

また、来週10月23日(火)は、然々さんでの占いイベントです!
イベントページはこちらから

11時〜19時、占い、癒しのブースが15ブース、
他、インドカレーのお食事販売、野菜の販売、アフリカ生地のトートバック販売など…

楽しめると思いますので是非どうぞ^^

さて、
10月に入ってから不思議な感覚の日がたびたびあって、

ふわーっとしてきた感覚があって、
そしたら私の魂の奥から言葉が沸き上がってきて、

「おとうさん、本当にありがとう。わたしはあなたの息子でよかった」

そういうのが何回もありました。
父の魂なのか??近くに来て、私の魂が勝手に語っている…みたいな感覚。

不思議だな〜という感覚。

そして、
なぜか伏見稲荷に行きたくなって、
8日の日にHISでツアーを予約した帰り道、
両親が交通事故をした連絡が入りました。

当初はICUに入っていたけど、
母は一般病棟に移り多少身体を動かせるようになり、

父は循環器の状態があまりよくなく、
一般病棟に移ったものの再度ICUに入ることとなりました。
現在は落ち着きつつあります。

不思議だね…

父は送電線の技師をしていましたが、
私が小さいときから仕事で家を空けることが多く、

特に10代の時はインドや中東への海外出張で、
ほとんど父と接した記憶がありません。

20代は私が東京にいたので、
父と接する時間が増えたのは、
私が茨城に帰ってきた30代からです。

私は、
両親共に忙しく働いていたので、
わりと「ほっとかれた感」が昔からあったけど、

なので、
父に対しての不満も昔はあった。

私が20代で体調がとても悪かったときに、
ある家庭用治療器に出会って健康状態がかなり改善して、

「その体験を伝えよう」と、

代理店として独立したのだけど、
当時、父も糖尿と心臓疾患があり健康状態が良くなかった。

そのため、
母を通して治療器を使わせて、
これまた健康状態が改善した。

そんないきさつで、
30代の数年間、私と父は一緒に代理店活動をしたことがあった。
(その後、私はスピリチュアルの道に入ったからね)

ある時、
代理店の集まりで父が海外の話をしたことがあった。
(私には直接そういう話をしたことがなかった)

数年間のインド出張で送電線を引き、
インド中に電気が通るようになって、
工場が沢山できるようになって、

現地の人たちのたくさんの雇用が生まれ、
現地の人々が、

「労働に対する対価を受け取る」

権利に目覚める結果になった…と。

現地の人たちの、
民主主義が発展する結果になったことを聞いて、

私の中のある種の「わだかまり」が、
解けて行ったことを覚えています。


母も同じで、
私が小学校低学年から保険の営業の仕事を始め、
帰りも遅かった。

なので、
食事もレトルトのようなもの(笑)が多く、

母の誠意なのでしょうけど、
レトルトそのものではなくて、
微妙に手を加えるのだけど、
ちょっと味付けが変わっていて、
なんだか不思議なものを食べていた気がしますね(笑)

「そのままの方がおいしいんだけどな〜」とか、
思っていた(笑)

だから、
大学生活で東京に出て、

「食べ物本来の味」が、
はじめてわかったように思う(笑)

母も年齢を重ねるにしたがって、
昔話などするようになりましたが、
母が生命保険という仕事をする思いを聞いたことがあった。

「うちは日立関係の会社だから福利厚生などは心配はないけれど、
下請けや孫請けの会社の人たちは保証の薄い中で仕事をしている。
そういう人たちの力になろう」

「何かが起きたときに悲しみと貧しさが同時に来る人を少なくしよう」

そのような思いで生命保険の仕事をしてきた…と、
いう話を聞いたときに、

なんか不思議な感じだけど、

「ほっとかれた甲斐があったな〜」

と思ったものでした(笑)

だから、
高齢者が運転をすることの危険はわかっていたけれども、
退職勧めることをあまり強く言えなかった。

二人とも胸を骨折するほどの怪我でしたが、
母はクルマに積んである保険の書類は全て救急車→ICUに運ばせていた。

回復してくれると良いけれども、
高齢でもあるのでね。

そうしたら、一昨日、
天皇陛下、皇后陛下が夢に出ていらっしゃいました。

昨年の五月に皇居で、
両陛下と面会の機会を頂きましたが、
まったくその時のお姿でした。

皇居のお部屋の中で、
私と数人、あと宮内庁の方と、
数名で学習会をしている場でした。

本を輪読するのですが、
内容は日本語がメインですが、
時折、英語の引用文がある本を輪読していて、

不意に、
陛下が私に引用文の質問をされました。

私は意識が他に飛んでいて、
陛下の質問にお答えできませんでした。

陛下は、

「大丈夫ですか?(何か心配事でも?という意味合いで)」

とおっしゃったので、

「実は私の両親が事故にあい、現在入院をしております」

ということをお話しましたら、

「それはお気の毒に。はやく良くなられるとよいですね」と、

両陛下から、
お見舞いのお言葉を頂きました。

陛下は毎朝、国民の平和を祈られておりますが、
本当に意識をしてくださっているのだな〜と、
感じましたよ^^

と、いうわけで、
私はお役目でもありますので、
普通に仕事をしている日々でありますが、

状況によって、
予約の受付時間帯を制限する場合が今後あるかも知れません。

でも、
たぶん、
制限しないかも(笑)

講座の希望とかは、
メールで直接入れてもらった方が良いかもしれないので、
おしらせしておきますね^^


2018-10-13 10:10:02 0 Comments

きよ子先生の対面鑑定イベント11月、
ご予約受け付けます!

日程:11月9日(金)10日(土)

※今回、20名様の募集です。
過去の鑑定回数での申し込み制限はありません。

お申し込みへの返信が遅くなる場合があります。

ご予約はこちらから


2018-10-11 01:17:18 0 Comments

今月(10月19日、20日分)はご予約完了していますm(_ _)m

11月の日程は、

11月9日(金)、10日(土)になります!

来年、2019年のエネルギーがそろそろ入り始める11月です。
来年がどんな一年になるか??リーディング受けられてみてはいかがでしょうか??

11月のきよ子先生の対面リーディングは、過去にリーディング受けた回数の制限なしで募集します!

ご予約は、10月13日(土)10時〜 受付します!


2018-10-05 22:31:24 0 Comments

今日は水戸駅南OPA初出展でした^^
エネルギー的には、駅北口側より過ごしやすいかもね^^

あらてめて私自身、
2007年から2013年まで、
北口のサロンでがんばったな〜と、
しみじみ感じます。

今日はなんとなくですが、
お客様を通して、
人生の深みを感じて、
良い一日でした^^

旅立ってゆこうとする人、
これから上昇してゆく人、

いままで沢山学びをしたから、
これからギフトを受け取ってゆかれるような皆さん、
ぜひ頑張ってください^^

最近のスピリチュアルでは、

「頑張る」←いけない的な風潮になってますが、

「自分らしく生きる」とか、
「自分の使命に生きる」方向性なら、

死ぬほど頑張った方がいいよ。
時間がもったいないよ。

セッションではね、
本当に中立な精神でお客様のお話を聞かないと、

最近の「引き寄せの法則」の理論でさえ、
ジャマになることがあります。

「物事を見たいようにみている」ということになるからね、
本当に「天の視点からみているのか?」
定義がジャマになることもある。

「すべては自分の内側に原因がある」って、

潜在意識のセラピストさんで、
最近、自分のお子さんを交通事故で亡くした方がいます。

さて、
それはその人の「内側が望んでいた」ことなのかね?

これは、
宿命的な「第一生命体」と、
後天的な「第二生命体」との、
理論に基づかなければつじつまの合わないことよね?

スピリチュアルの世界では、
そういう悲しみも「手放す」とかいうのかも知れないけれど、
甘いですよ。

子供さんを亡くしたような悲しみは、
親は一生忘れることはない。

悲しみは時間とともに薄くなるかもしれないが、
一生背負ってゆくものですよ。

20世紀までの3G「義務・犠牲・我慢」、
21世紀からのLTE「ラブ・サンクス・エンジョイ」

それはそれでよいけれど、
まるでイエスキリストが生まれるビフォア・アフターみたいな、

旧約聖書の時代か?
新約聖書の時代か?

みたいな、
旧約の時代は「盗みをするものは手を切ってしまえ」という、
許しのない時代でした。

新約の時代は「汝の隣人を愛せよ」という、
「愛と赦し」の時代でした。

ある面、
歴史は繰り返すというか、

最近のスピリチュアルの傾向もともすると、
「義務・犠牲・我慢」は悪しきものとする傾向があるようにも感じます。

でも、陰陽はバランスだからね。
「自分らしく生きる」上でも、
いくらでも「義務・犠牲・我慢」は出てくる。

そこで戸惑うことなく、
自分自身を信じて、
有意義な時間の使い方ができたら良いよね^^

今日夕方は、
イタリアのお客様から久しぶりにメール頂いて、

10年くらい前に、
レイキの伝授をしたのだけど、
やり方の質問でした^^

今日一日を通して、
「ご縁」というものを、
感じた一日でしたね^^

皆様、
よい週末となりますように^^


2018-10-05 00:36:27 0 Comments

先日、
皇太神宮の月次祭のご神事が、

「粛々と」

というメッセージであったことは書きましたが、
日常ではいかがですか??

逆を言うと、
トラブったり、
感情的になるような出来事があったり、
していないでしょうかね??

でも、
普段なら文句も言いたくなることであっても、

「粛々と」

事を進めるのが、
今月は「吉」ということなのでしょうかね^^

明日5日金曜日は、
水戸駅南口OPA出展日になります。

皆様もよい週末になりますように^^


1 / 2 ページ目を表示 最初 | 戻る | 次へ | 最後

カレンダー

« 2018 年 10月 »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

カテゴリ


アーカイブ



△ページトップへ

水戸の占いは星乃光:トップへ